FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Sonny Rollins / Way Out West』

Sonny Rollins Way Out West 「サキソフォン・コロッサス」と「テナー・マッドネス」の翌1957年に、ソニー・ロリンズがコンテンポラリー・レーベルから発表したアルバムです。56~57年の2年間でロリンズが発表したリーダー・アルバムは、なんと13枚!!出せば売れる、ロリンズ大ブレイクの時期だったんでしょうね(^^)。とうぜん、貧乏な僕は全部買えるはずもありません(^^;)。

 それほど大量にあるこの時期の録音の中、このアルバムの特徴になってるのは、イーストコーストのロリンズが、ウエストコーストのミュージシャンと共演してる事と、ピアノレスのトリオである事。サイドマンが豪華で、ベースがレイ・ブラウン、そしてドラムが私の大のひいきのシェリー・マン!でも、これはザックリやったセッションという感じで、ウエスト・コースト・ジャズ得意の見事なアレンジやアンサンブルは聴くことが出来ず、あんまりウエスト・コーストでやった意味がない感じでした(>_<)。とはいうものの、たしかにロリンズのアドリブソロは悪くないです。でも、テナー・マッドネスの方が上かな…。

 56~57年の2年間にロリンズが出したアルバムはどれもキンタロー飴で、音楽的に新しい挑戦はありません。曲もすべて歌謡形式のアメリカ軽音楽で、曲だけとっかえて、あとはぜんぶアドリブ、みたいな。ヨーロッパと違って、合衆国は「より高度なもの」を作るんじゃなくって、売れなくなるまで「分かりやすく、かつすぐ再生産しやすい単純なもの」を矢継ぎ早に作るのでした。ロックンロールもハードバップも80年代の産業ロックもみんなそうです。しかもジャズだから、ロックと違って録音もあっという間だっただろうし、製作費と販売数の費用対効果が抜群だったんでしょう。以降の合衆国産のポップスや産業ロックのレベルがかなりアレなので、相対的にジャズが少し高度に聴こえるだけで、実際には大同小異のエンターテイメントな産業音楽に聴こえます。曲に至っては、ロックやポップス以上にキンタロー飴なので、やっぱり面白くなかったです。僕的にこのへんのジャズを楽しく聴けるのは、ソロアドリブのアナリーゼをしながら聴いている時だけなので、きっとオーセンティックなジャズが好きな人も、似たような聴き方をしてるんじゃないかなあ。そんなロリンズが、エンターテイメント一辺倒でなく、アーティスティックな作品を発表するようになるのは、翌1958年からなのでした。さすがに当人も、こんないい加減で雑な事してていいのかと思ったんじゃないかな(^^;)。


スポンサーサイト



01 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS