FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 漫画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

コミック『新ルパン三世』 モンキー・パンチ

ShinRupin3sei_Aizouban4.jpg 1977年からモンキー・パンチさんが漫画アクションに連載した漫画『ルパン三世』の続編です。時期的にも内容的にも、テレビで放映されたルパン三世第2シリーズと絡んだ作品でした。どちらも現実離れした荒唐無稽さなのですが、テレビアニメは子どもながらに「馬鹿にするなよ」と見ていられないものが多かったのですが、コミック版はあくまでコメディとして扱っているので、同じ話でもとても楽しく読めたものでした。むしろ、大人な漫画だなと感じていたほど。

 たとえば、「ロータ・マシラウの忠告」。これはテレビ第2シリーズだと「謎の女人館を探れ」という話で、盗みに入った屋敷で、美女からもらった玉手箱を開けると老人になってしまうという話。これがテレビアニメだと、「おいやばいぞ、玉手箱を開けたら老人なってしまう!」なんて真面目にやるもんだから「くだらねえな、子どもだと思って馬鹿にすんなよ」…みたいに思ってしまった幼い頃の僕でしたが、これがコミックだと、ルパンが一枚上で美女が婆さんになってしまうという落ちの逆転コメディ。玉手箱がどうとかいう所ではなく、話の重心がどうコメディとして落とすかという所に行っているので、玉手箱がどうなんてどうでも良くて、笑えるんですよね。

 原作1作目のルパンより、こちらの方がコメディ色が強く、前作以上に荒唐無稽な話の落ちで、笑って楽しむ作風。週刊誌で週に一回こういう話を読んで、痛快なルパンの活躍に溜飲を下げ、日々のストレスを解消してもらう、みたいな漫画だったんじゃないかと。5分ほどでリフレッシュさせてくれるこういうものって、漫画や流行歌が最適だと思うんですよね。これも日本のアダルトな漫画史に残る傑作のひとつじゃないかと思います。


スポンサーサイト



04 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS