FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > サントラ etc.   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『PUNCH THE MONKEY! 2』

PunchTheMonkey2.jpg ルパン三世のBGMをアレンジしたコンピレーションアルバムです。スカパラ、香取良彦ジャズオーケストラ、マンデイ満ちる、ベンチャーズなどなど、なかなか豪華なメンツが参加してます。第1集も聴いた事があるんですが、なんせ昔の事なのでよく覚えてません。なぜか第1集は部屋から見つからないし(^^;)。。このシリーズ、発売当時はかなりヒットして、第3集ぐらいまで出てたはずです。

 オリジナル音源のサンプリングをベースに作っているものが多く、クラブミックス的です。こういうのって、むかし流行ったんですよね。90年代、クラブに行くとDJが皿回しでこういう音を作ってましたが、それをCDにした感じ。懐かしいな、今ってクラブ行くとどういう感じなんだろう。もうこの歳じゃ行けないよなあ。こういうのってマジメに聴くものじゃないというか、あくまで友達と酒飲んでる時に聴くとか、ドライブしてる時に何となく流すとか、そういう何かのつまみにするBGMという印象。香取良彦ビッグバンドだけはマジメにアレンジしてあって、まるでマリア・シュナイダーのような完成度ですばらしいんですが、でもそれが面白いかというと話は別。個人的には、やっぱりクラブ・ミュージック的なアレンジを施したものが面白く感じました。

 90年代も、70年代のルパンをヒップに感じていたという事ですよね。そのヒップさを若干平成に寄せたのがこのコンピレーションだったのではないかと思ってます。ジャケットデザインも良くて、なかなかの企画ものだと思います(^^)。


スポンサーサイト



04 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS