FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ブルース・ソウル   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Jimmy Reed / I’m Jimmy Reed』

JimmyReed_ I’mJimmyReed 50年代ブルースの大名盤です!アルバム・ジャケットが超有名、シカゴのバンド・ブルースだというのに、マディ・ウォーターズのように汗臭く攻めるのではなく、ものすごくレイドバックした心地よい音楽を聴かせてくれるジミー・リードの初LPです!録音は53年から58年、ロックンロール全盛の時代とかぶってますが、そんな時期にジミー・リードの曲は何曲も黒人チャートに食い込んでいたらしいので、当時の合衆国のアフリカン・アメリカンはジミー・リードを最高に心地よく聴いてたんでしょうね(^^)。

 基本は歌の合間にハープを吹くジミー・リードのエレキ・ギター弾き語りで、これをサイド・ギターとドラムが支えるトリオ編成。ギターはジミー・リードがたまにやらかすんですが、セカンド・ギターのエディ・テイラーがうまくフォローしてる感じ。弾き語りにセカンドギターがつく時って、実はセカンド・ギターがキーマンというパターン多いですよね(^^)。。個人的には、ベースレスの編成と、心地よいハープの演奏が、このとてつもない心地よさを出していると感じて最高でした(^^)。

 特に好きな演奏が5曲あります。まずは、僕にとってのこのアルバムの印象そのものの1曲目『Honest I Do』、このレイドバック感がたまらない。。つぎに、ブギと言ってもノリノリではなくハープとスライドギターが絶妙に気持ちいいインストの4曲目「Boogie in the Dark」、これは当時ジュークボックスでヒットしたそうです…これだけ心地よかったらヒットするのも分かるなあ。スローブルースなのにぜんぜんダークにならない5曲目「You Got Me Crying」とアルバムラストの「You Don’t have to go」、当時のシカゴの黒人街が目に浮かぶよう。インストの10曲目「Roll and Rhumba」、やっぱりハープのヤバいぐらいの気持ち良さを痛感する演奏。

 はじめて聴いたのは高校生の時。アコースティック期のライトニン・ホプキンスやキング時代のジョン・リー・フッカーなどなど、ブルースと言ったら強烈に迫ってくる音楽と思ってたところに、このやたらと気持ち良い音が聴こえたもんでびっくりしました。ミシシッピ・ジョン・ハートやスクラッパー・ブラックウェルやスリム・ハーポみたいな心地よいレイドバック系ブルースを知らなかったんですよね。まだ感性がガキだったもので、自分がいいと信じているもの以外のものを出されるとすぐに「ダメ」「苦手」と感じてしまっていた頃で、「こんなのブルースじゃない」と最初は戸惑いました。でも、何度も何度も聴いているうちに、これを良いと感じる新しい物差しが自分の中に生まれ、いつしかこの気持ち良さの虜に(^^)。今さら僕が取り上げるまでもない大名盤、最高です(^^)。


スポンサーサイト



04 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS