FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

『Dokken / Back for the attack』

Dokken Back for the attack 大流行した時期が青春時代とかぶるもんで、メタルが好きでした、そんなに詳しくないし、けっこう短期間で通り過ぎちゃったけど、今でもメタル聴きたい病になる時があります(^^)。中学高校時代の仲間うちで80年代のメタルは、ギターのための音楽という事になってました。速弾きが売りのギタリストを抱えているメタルのバンドは、友人の誰かが絶対にアルバムを買っているので、いずれ自分にも回ってくるシステムになってまして、このアルバムもそうして回ってきた1枚でした。ドッケンは、ドン・ドッケンというヴォーカリストの名前を冠したバンドだったのに、僕たちのお目当てはライトハンドで弾きまくるギターヒーローのジョージ・リンチだったのです。ごめんねドン・ドッケン(^^)。

 LAのバンドらしく曲もアレンジもポップですが、転調の挟み方がいいです。作曲家じゃなくていかにもプレイヤーが作ったような曲で、こういう演奏本意な曲作りって、「演奏がすべて、あとは大体でいい」みたいな主張に思えて、僕は好き(^^)。ジャズでいうと、ジャイアント・ステップス前後のジョン・コルトレーンの曲とかがそうじゃないですか、きれいな和声進行とか巧みなカウンターラインとか一切なくて、ひたすら熱い演奏のためだけにある、みたいな。聴きどころはこうやって作った曲の上でどこまでギターをカッコよく弾けるか、ここに尽きます(^^)。そのギターがめっちゃうまい、うまいぞ。メタル好きな友人が僕に教えてくれたメタルのギタリストは、イングウェイ・マルムスティーンもジョージ・リンチもポール・ギルバートも、みんなうまかったなあ。ギターのためだけにあるようなインスト曲「Mr Scary」が、途中でスーパーマリオのタイムアップ間際のBGMみたいになるのは狙ってますよね(^^;)。

 アレンジやサウンドメイクは、アレンジャーやエンジニアに丸投げして仕上げてもらってるんでしょうね。そういう意味でいうと、80年代のメタルって、半分はプレイヤーで半分はアレンジャーとエンジニアが作ったものなんじゃないかと。そういう意味で、産業音楽だと思います。速弾き系のメタルのアルバムの中で、イングウェイ・マルムスティーンの「トリロジー」、レーサーXの「Live Extreme Volume」に並んで好きな1枚です。しかしメタルのガキくさいジャケットデザインってどうにかならないもんだろうか…まあ作ってる方も聴く方も若かったんだから仕方ないのかな、若い頃を懐かしく思い出した音楽でした!


スポンサーサイト



05 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS