FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Dokken / Under Lock And Key』

Dokken Under Lock And Key 高校時代、LAメタルのドッケンの「Back for the attack」というアルバムのA面がカッコいいとはしゃいだ僕をみて、友人が貸してくれたのがこのアルバムでした。1985年発表、相変わらずジャケットがダセえ(^^;)。ファッションも恥かしく見えて、ロック好きの友人関係の中で「メタルって音楽はいいけどジャケットやファッションのセンスはガキくせえよな」な~んてよく話してました。「周りにメタル好きとか知られないようにしないとな」、みたいな(゚∀゚*)。

 曲がちょっと残念で、これはロックに見えて実はポップスな方面のLAメタルでした。次の「Back for the attack」みたいな工夫はなく、どれも歌謡形式なもんで退屈…ところがギターがうまい!ギターが出てくるのは間奏部分とそれ以降のオブリ部分なので、どの曲も最初の1分ぐらい飛ばしてギターソロから聴いてました(^^;)、だって退屈なんだもん。

 70年代後半からのメタルって、ジャズでいうハードバップみたいなもんで、かなりプレイヤー目線な音楽だったと感じます。いい曲を書こうと思ってないわけじゃないんでしょうが、そこから発展する努力は作曲じゃなくてプレイに充てられるんでしょうね。だから、ものすごい月並みな曲を書いても、本人たちは一向に気にしていない、月並みとすら思っていない、みたいな。そのへんがいかにも現代アメリカ的で、食べ物も着る服もみんな大量生産品で、ほとんど同じものの中でのちょっとの違いを楽しむ、みたいな感じ。作曲やアレンジに神経使えたら、もう少しいい音楽になったと思うんだけどな。既製品の枠の中でプロフェッショナルな仕事を目指している所は、いかにも80年代以降のアメリカ的なメンタリティだと思いました。でも…ギターすげえ!


スポンサーサイト



05 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS