FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > スポーツ・プロレス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『モハメド・アリ かけがえのない日々』

MohameddoAli_KakegaenonaiHibi.jpg コンゴ/ザイール関連ネタ、もうちょっとだけ引っ張らせて下さい。これがこのブロクでザイールについて書く最後の機会かもしれませんので(^^)。という事は、僕が人生でザイールについて振り返る最後の機会かもしれませんしね。これは、ボクシング伝説の世界ヘビー級チャンピオンだったモハメド・アリのドキュメンタリー映画です。

 なんでこの映画がザイールと関係あるかというと、この映画がザイールのキンシャサで行われたアリvsフォアマンのWBA・WBCの統一世界ヘビー級タイトル戦のドキュメンタリーだからです。このタイトル戦が行われた頃のザイールは、クーデターで欧米植民地から逃れた時期で、アメリカ合衆国のやり方に噛みついたモハメッド・アリを英雄視して、当時のモブツ大統領がスポンサーとなってこのタイトル戦が実現したそうです。この試合は「キンシャサの奇跡」と呼ばれる名試合で、フォアマンに追い込まれ続けたアリが逆転勝ちするという、ビッグマッチに相応しい劇的な展開(^^)。アリは全盛期をとっくに過ぎてますが、やっぱり持ってるな。。

Kinshasa no kiseki この映画、ボクシングだけじゃなくて独立ラッシュとなった当時のアフリカの状況とか、いろんなものをドキュメントしていて、ものすごくいい映画です。アリ自体が単なるスポーツ選手という枠にはもういなくて、戦争参加に反対して懲役を拒否、イスラム教へ入信してカシアス・クレイからモハメド・アリに改名、など、合衆国内にとどまらずアフリカでも大変な英雄になった人でもあります。そうした思想がこの大イベントにもつながっているわけですね。このドキュメンタリーには音楽的な見どころもありまして、タイトル戦に合わせて、音楽のイベントも開催されたみたい。ジェームス・ブラウンなどのアフリカン・アメリカンのミュージシャンが多数アフリカに渡ってパフォーマンス、また同じ舞台に現地のアフリカ人ミュージシャンもパフォーマンスするんですが、これがアメリカのエンターテイメント感満載の音楽と違って、ものすごくいいんですよ。。また、当時のザイールの状況も伝わってきて、土の地面の上で子どもたちが宙返りして遊んだり(すげえ!)、村の人たちが娯楽でちょっとやったようなポリリズムの打楽器群と声の演奏がむっちゃくちゃ凄かったり。音楽はお金払って聴くものじゃなくて、自分たちでやるもんなんでしょうね、少なくとも当時のザイールでは。その様子はちょっと前に紹介したCDなんかでも想像できます。

 というわけで、たんなるボクシング映画じゃない、アフリカ独立の頃のアフリカの雰囲気と、アメリカの迷走を見事に描いた素晴らしいドキュメンタリー映画じゃないかと思います!


スポンサーサイト



06 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS