FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Osibisa / Woyaya』

『Osibisa Woyaya』 マンドリルを聴くと思い出すのが、ファンクロック・バンドのオシビサです。イギリスで結成とは言っても、メンバーの出身国はナイジェリアやガーナなどの旧イギリス領出身のアフリカ系。ブラスセクションが入って、エレピやオルガンが入ってて、ディスコじゃなくてロック色の強いファンクで、やっぱりパーカッションも入っていて、しかし有名な曲というのがぜんぜんなくて、でも上手くて…というわけで、マンドリルにかなり似ています。でも、出身がアフリカだからか、打楽器にアフリカ色を感じました。これは、オシビサが発表したセカンド・アルバムで、1971年発表…って、時代もマンドリルと丸かぶりなのか!時代がファンクだったんですね。

 このアルバム、モハメッド・アリのドキュメンタリー映画でアメリカの黒人音楽とアフリカの音楽の交流の模様を見てなかったら、かなり理解に苦しんだんじゃないかと思います。ついでに、ハイライフやジュジュあたりからサリフ・ケイタあたりまでの、洋楽に影響されたアフリカン・ポップスを知ってなかったら、聴こえ方が違っていたかも。この音を聴いてパッと想像するのはファンクなんですが、じゃあ似たバンドに何があるかと考えると、いないんですよ。Pファンクともスライとも違うし、ニューオリンズファンクともオハイオ・ファンクとも違う…タワー・オブ・パワーがちょっとだけ近いかな?要するに洋楽に寄せるんじゃなくて、洋楽を自分たちの音楽に塗り直しちゃうわけです。これはアフリカン・ポップス全体に言える事で、日本みたいに丸パクリするんじゃなくて、自分たちの言葉に一度咀嚼するんでしょうね。

 極めつけは6曲目の「Rabiatu」、西アフリカのタムタム音楽とロックが混じったような感じで、これはかっこいい!この曲はオルガンの決まり具合もギターソロもサンタナ的、そして展開部で炸裂するブラスセクションのトゥッティも最高!全体的には、スパッと切れ味がいいというより、ドスドスとボディブローが効いてくるようなロック。でも、マンドリルとオシビサは、いいと思ったのに1枚しか聴かずじまいだったなあ。アフリカン・ポップス系は、サリフ・ケイタやキング・サニー・アデみたいに心地よいものが多い中、こういうロック色の強いものは僕的には経験がなかったもんで、ちょっとばかり驚いた音楽でした。そういえば、サリフ・ケイタやキング・サニー・アデみたいに大ハマりした音楽ですらまだ日記で書いてないですね…本当に持ってるレコードを死ぬまでに全部書き終わるんでしょうか、心配になってきたぞ。。


スポンサーサイト



06 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS