FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Joao Gilberto / The Legendary Joao Gilberto』

JoaoGilberto_Legendary.jpg 世界でもっとも売れたジョアン・ジルベルトのレコードなら『ゲッツ/ジルベルト』なんでしょうが、あれはジャズとのコラボレーション。純然たるボサノヴァでジョアン・ジルベルトのCDをひとつだけ選べと言われれば、このCDという事になるんじゃないかと。このCDは1958年から61年までのジョアン・ジルベルトのデビュー期の録音を集めたもので、日本盤タイトルは『ジョアン・ジルベルトの伝説』、全38曲入り。CD1枚に38曲入るのもすごいな。。デビュー曲「想いあふれて」以下、デサフィナード、ワン・ノート・サンバ、ビン・ボン、コルコヴァード、メディテーション、黒いオルフェ…今でもボサノヴァの大スタンダードとして歌われ続けている曲がぎっしり詰まってます。そういう意味でいうと、ジョアン・ジルベルトうんぬんを抜きにしても、ボサノヴァを聴くなら絶対にはずせない1枚かも。自作曲もありますが、ジョビンなど、他の人の曲もけっこうやってたんですね。

 すごいと思うのが、アレンジがすでに完成されてる事でした。ほら、ロックンロールでもジャズでもクラシックでも、最初はかなりやぼったかったりするじゃないですか。それが徐々に洗練されていって、長い年月かかってようやく洗練されたものに辿りついた、みたいな。ところがジョアン・ジルベルトの音楽は、デビュー当時でいきなり完成形なのがすごいです。基本はボサノヴァのあのギターとヴォーカルに、振りもの打楽器のリズム伴奏。その上にピアノやストリングスや管楽器が重なる形ですが、このアレンジがすでに完成形です。古く感じたとしたら、そのほとんどはアレンジではなく録音なんじゃないかというほど。これは本当にすごいです。

 また、和声も素晴らしいです。ボサノヴァで驚くのは和声で、いきなりナインスやサーティーンスが満載なところ。イギリスや合衆国のトラッドやロックやフォークの弾き語り音楽だと、時代が経過してもシンプルな4和音なものが多いじゃないですか。ところがボサノヴァはいきなりテンションだらけで、成立当初からいきなり7音音階の調和性のゴール。これはすごいとしか言いようがないです。ボサノヴァの心地よさの少なからずは、この滲むように響く和音の心地よさだと思うんですよね。

 とはいえ、録音が古いのは確かで、後のボサノヴァの素晴らしい録音のものと比べると、古いコロンビアやキューバの音楽の録音みたい。そこがまた古き良き南米音楽っぽくていい所でもあるんですけど、プレスリーや美空ひばりを古いと感じてしまう人は古いと思っちゃうかも…実際に古い録音なんですけどね(^^)。そこを差し引いても、ジョアン・ジルベルトで1枚だけ買うならこれじゃないかと。久々に聴きましたが、思いのほか音楽が最初から完成形でビックリしました。大洋のまぶしい国の海岸でこんな音楽を聴いていたら、この瞬間こそ天国だと感じるんじゃなかろうか。。出来れば梅雨があけてから海辺で聴きたかったなあ、ひと月後ぐらいにもう一回聴こう。。そうそう、日本盤は全曲訳詞がついていたので、ポルトガル語が分からない方は日本盤がオススメです(^^)。


スポンサーサイト



07 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS