FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『矢沢永吉 / KAVACH』

YazawaEikichi_Kavach.jpg 1980年、矢沢永吉さんがCBSソニーからワーナーパイオニアに移籍した最初のアルバムです。とはいえ、バンドメンバーは木原&相沢のNOBODYチームにマーチャンさん、サポートはキーボードがサトジュンさん、ベースが後藤次利さん、サックスがジェイクさんと、ソニー時代の矢沢ファミリーとまったく同じチームです。

 このアルバム、アイドル歌謡なみにヴォーカルが大きくて、ここまでやっちゃうとタレントのアルバムみたいで嫌だな…。ミキサーはCBS時代と同じ吉野金次さんなので、音の質は似てるんですけどね。。そして、曲もアレンジも演奏もソニー時代と同じ感じなので、そろそろ飽きてきてしまいました(^^;)。日本人初の武道館ワンマンコンサートや後楽園スタジアムコンサートという社会現象レベルのイベントを成功させた後だからか、祭りの後の静けさのような印象を受けてしまった、というのもあったかも。

 ただ、ぞっとするほど素晴らしい曲とアレンジが2曲。「夕立ち」と「So Long」です。「夕立ち」は、楽式が単純なリート形式でなく、それでドラマチックになっている所が見事。イントロの後にAを2回繰り返し、サビに入らずにイントロに戻り、次のAはギターソロ。そして初めてくるサビが劇的で、ピアノとシンセストリングスで切なく盛り上がり、その響きが消え去る前にAに戻します。いやあ、この劇的な感じは、大人になったいま聴いてもしびれました。。
 そして、アルバムラストの「So Long」は、恐らく矢沢さんの書いた最も美しいバラード。ちょっと専門的な事を書くと、トニックの代理♯Ⅳm7-5を変形した♯Ⅳdimに行ってすぐ戻すんですが、差はトニックの長三度がステイするか半音落ちるか。この聴感上の印象が、この曲の大サビ前までのすべてを支配しているといっても過言ではないです。こういう声部の線のプログレッションへの挑戦は4年後に発表する『E'』というアルバムで結実するジャズコード・プログレッションの最初の成果だったんじゃないかと。同じ事がこの曲の大サビの劇的なコード進行にも言えて、それって知っているかいないか、そして半音進行のよじれと引き戻しをどこに作れるかというロック/ポップスから半歩踏み込んだ編曲ですが、ここに踏み込めるポップスやロックの人って、当時の日本だとジャズ系以外では少なかった気がします。これ、当時に矢沢さんに出来た技とはとうてい思えないので、ピアノ&シンセの佐藤準さんのファインプレーだったんじゃないかと。

 矢沢さんがワーナーに移った理由はたぶんアメリカ進出で、それは翌年のスタジオアルバム『YAZAWA』から。それだけにこのアルバムはソニー時代の余韻というか、まだ初期矢沢スタイルというか、そんな印象。それでも、まだ70年代の日本のロック/ポップス系のレベルにとどまっていた矢沢さんや日本のスタジオミュージシャンが、次のステップに進む予兆が「夕立ち」と「So Long」の2曲にあらわれていると感じました。そんなわけで、僕的には、この2曲を聴くためのアルバム。この2曲だけでも、このアルバムは聴く価値があると思いました(^^)。それにしても、このジャケットはカッコいいな‥。


スポンサーサイト



08 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS