FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『アニマルズ / 孤独の叫び』

Animals_Inside LookingOut 英コロムビアに2枚だけアルバムを残して、アニマルズは英デッカに移ります。そしてデッカ時代からが、僕が大好きなアニマルズのスタート!アニマルズはデッカ時代に『Animalisms』『Animalization』というアルバムを2枚残していますが、たぶんUK盤とかUS盤とかの事情で収録曲が一部ダブってるんです。この『孤独の叫び』というアルバムは日本のテイチクが独自に編集したアルバムで、デッカ時代のアニマルズの録音をコンプリート!いやあ、なんていい仕事をするんだ、日本のテイチク素晴らしい!

 若い頃の僕がこのCDに手を出した理由は、グランド・ファンク・レイルロードがアニマルズの「Inside-Looking Out」(孤独の叫び)をカバーしていたから。ヴァン・ヘイレンがキンクスの「You Really Gotta Me」をカバーするようなもので、「え?こんなハードな曲をビートルズ時代のバンドが書いてたの?」みたいに思って興味を惹かれたのでした。ヴァン・ヘイレンの時は、キンクスに手を伸ばしたら予想の斜め上をいってキンクスの方がカッコよく感じたんですが、さすがにグランドファンクの演奏は強力だったので、「朝日のあたる家」みたいなショボイ音で演奏していたアニマルズの方がいいなんて事はないだろうと思ったんです。ところがアニマルズの方が抜群によかった!エリック・バードンのヴォーカルが良いというならまだしも、アレンジが完璧、さらにアニマルズの弱点だと思っていたギターまでグランドファンクよりカッコよかった!いやあ、ギターもバンドも表現力がコロムビア時代とは段違いでした。

 ギターの何が良くなったかというと、極端な言い方をするとコロムビア時代はコード押さえてジャカジャカばかりだったのが、デッカ時代は安易にストロークしてしまわずにヴォーカルに対するオブリを挟んでくるところ。そして、ギターがソロ・アドリブになるとリズムが実にアウトしていて、これが絶妙の表現になっていて最高にカッコいい。こういう表現って、クラシックやジャズだと難しくて、ブルースやブルース系のロックならではのものだと思います。で、ギターが変わるとバンドのアンサンブル自体が変わって、これでアニマルズの音楽が一気に進化したんじゃないかと。

 初期のビートルズとかストーンズとかベンチャーズみたいな、低音がまるでなくって音の減衰がやたらと速い、ペチペチ音がする初期のエレキギターの音ってあるじゃないですか。あれってどうやって演奏しても音がショボいもんで恰好よくならないと思いませんか?でも、あの音でカッコいいソロを取ってしまった奇跡の演奏がいくつかあって、チェス・レコードにある本物の黒人ブルースマンの演奏を除くと、アニマルズの「孤独の叫び」と、日本のジャックスの「マリアンヌ」は凄かったんです。
 「孤独の叫び」以外にも好きな曲(というより演奏)が結構あって、サビがカッコいい「炎の恋」、執拗に繰り返されるリフが黒くてヤバい「チーティング」や「モウディー」、ニーナ・シモンとはまた違った暗さがいい「アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー」など、最高です。でもアニマルズなので、明るい曲ですらほの暗いですけどね。。

 というわけで、初期アニマルズはこの英デッカ時代がブッチギリのかっこよさ。僕的には、初期アニマルズはこれさえあればあとはいらない1枚です。そしてここでアニマルズはいったん解散。翌年からメンバーを一新してエリック・バードン&ジ・アニマルズとして再生するのですが、そこからのアニマルズはビートバンドだったなんて思えないぐらいにカッコいいです。その時期のアルバムに関しては、またの機会にでも!


スポンサーサイト



08 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS