FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『B.A.ツィンマーマン:ある若き詩人のためのレクイエム ベルティー指揮、ケルン響』

Zimmermann_Requiem Für Einen Jungen Dichter ひとつ前の日記に、「前にツィンマーマンさんの曲は聴いてみたことがあるけどよく分からなかった」なんて書きましたが、それはこの作品の事でした。「Requiem Für Einen Jungen Dichter」(ある若き詩人のためのレクイエム)は、ツィンマーマンさんが拳銃自殺する前年の1969年に作曲されています。たぶん遺作じゃないでしょうか。200人超えの巨大編成というだけでなく、その編成の内容がオーケストラに合唱にナレーション多数、それに電子楽器にテープ&巨大スピーカーにジャズバンド。当時僕は音大でピアノ科から作曲科に転科していまして、作曲科の人はみんなこの曲を知ってました(僕は知らなかった^^;)。でも先生も生徒も賛否両論はっきり分かれてたんですよね。何の先入観も予備知識もないままこの曲をCDで聴いた若いときの僕といえば…分からなかった(^^;)。当時の作曲の最前線の課題のひとつだった電子音楽にナレーションがいっぱい重なり、ビートルズやヒットラーの演説が流れ…要はコラージュ、作曲じゃなくって美術だなと思ったんです。コラージュというと聞こえはいいけど要はつぎはぎやパクリで、他の人のレコードや演説の録音を持ってきて切り貼りするなら、別に作曲家じゃなくったって、その辺にいる芸術家気取りのお兄ちゃんだってできるよな…みたいな。以来20年以上段ボール箱の奥底に眠っていたこのCDですが、なんとなくネットを眺めていたら…うおおお、2015年に日本初演されたのか?!ブログやホームページでコンサートの感想を書いている人多数、しかもみんな絶賛じゃないですか!ついでに主催のサントリー芸術財団のページを発見、この曲の背景やら何やらをはじめて知りました。

 音楽部分はとっても単純です。ベースは「グオーン」となり続けているテープ(電子楽器?)のクラスターと、レクイエムの混声合唱、そしてナレーション。ここにヒトラーの演説やなにやらが被さり、また基本のクラスター&合唱&ナレーションに戻って…の繰り返しです。このクラスター音がいかにも70年代前後の現代音楽っぽい音で、メッチャ刺激的でカッコいいです。でも、ある程度いいスピーカー&大きい音量で聴かないと、単にエアコンの換気扇のグオーって音に聴こえちゃうので注意(^^)。薄く電子オルガンが鳴ってるんですが、これがちゃんと聴き取れるぐらいの音量まで上げた方がいいかも。
 そして、上にかぶさってくるナレーションの数が、減ったり増えたりするんですが、多くなると4つも5つも聴こえて、何を言ってるのか聴き取り不能。しかも、センターで喋ってるナレーションはドイツ語なので、僕にはそもそも聴き取り不可能。そしてこのナレーションを重視して音楽が変化しないまま長く続くので、当時の僕は飽きちゃったんでしょうね。実際の狙いは、いくつかは聴こえるけどいくつかは断片しか聴こえなくて、それらを同時に聴いてどういう意味を見出すか…みたいな感じなのでしょう。

 ナレーションや演説の大まかな内容や、作品の背景が見えてくると、シアターピースに思えてきました。最初から作曲と思わず作品と思って聴いたら、感想はまた違っていたんじゃないかと。聴こえてくる言葉はレクイエムの典礼文、ヒットラーなどの独裁者の演説、それとは反対に戦争を嘆くマヤコフスキーの詩、そしてビートルズやフリージャズです。現代が重視されていて、ドイツ基本法や毛沢東の言葉まで飛び出してきて、戦争が終わったあとはビートルズみたいな文化が外から被さってきます。20世紀の色々な立場のヨーロッパ人が最初は何を理想としていて、それがどういう人々の思想(言葉)を生み出し、そしてどうなっていったか…これを叙事的に扱い、レクイエムとしているのだと思いました。いわゆる音楽ではなく、言葉で紡ぐ作品なんですね。

 この作品でいう詩人にはモデルがいると憶測されてるらしいですが、彼らの最後はすべて自殺。作曲家本人も作曲直後に自殺なので、もしかしてツィンマーマンは詩人と自分を重ねあわせていたんじゃないかと。でもそれだけでなく、このレクイエムの対象って現代人すべてなのかも。20代前半で聴いた時は超駄作、40代後半で聴いたら大傑作。いい加減と思われるかもしれませんが、どちらも立派な根拠がある感想だなという気がします。その境目にあるのは、これをいわゆる音楽として聴くか、言語を頼りにした舞台作品のようなものとして体験するか、ここにある気がします。

 最後に、このCDに関しまして。1986年録音で、レーベルのwergo はドイツのレーベルで、このCDが出た当時のドイツは、まだ東西に分かれていました。指揮はガリー・ベルティーニ(イスラエルの指揮者ですが、ここにも意味がある気が…)。オケはケルン放送管弦楽団、ジャズバンドはマンフレッド・ショーフ・クインテット(おお!)。このCDは、長期誠司さん監修の名著「作曲の20世紀」でも推薦CDとなっているほどに昔から名作と言われてるもので(昔はこれしかなかった?僕が音大の先生から薦められたのもこれでした)、100ページ超のブックレットもついています。これがすごくて、タイムシートの横に音楽の進行やセリフなんかも書いてあります…が、英語以外のセリフは僕には読めず_| ̄|○ウウ。この20世紀の超大作の日本語訳、どこか出してくれないかなあ…無理でしょうね。言葉だけでなく、こういう巨大編成の音楽は生で聴いたら迫力がぜんぜん違うだろうし、日本で次回公演される日を待つしかない…って、たぶん僕が生きてるうちはないだろうなあ。2015年の公演、東京に行ってでも見たかった。。


スポンサーサイト



08 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS