FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『チャイコフスキー:《白鳥の湖》全曲 アンドレ・プレヴィン指揮、ロンドン交響楽団』

Tchaikovsky_SwanLake_Previn.jpg メロディの有名さでいえば、「くるみ割り人形」より「白鳥の湖」の方が有名かも。というわけで、チャイコフスキーのバレエ音楽「白鳥の湖」を。これはプレヴィン指揮・ロンドン交響楽団による全曲演奏盤です!ただ、子どもの頃に「8時だヨ!全員集合」を見て育った僕にとっては、「白鳥の湖」というと、志村けんのやった「1ッ丁目1ッ丁目、ワ~オ!」のアレがまぶたの裏に思い浮かんじゃうんです。あの記憶は一生消えそうにないな。。

 「白鳥の湖」はクラシック・バレエの代表的な演目のひとつですが、振付が色々あるらしくて、それによって曲順も変わるらしいです。そして、クラシックバレエの演目って、オペラどころではないほどストーリーが童話っぽいガキくさいもの多くないですか?「白鳥の湖」も例に漏れず、ストーリーが途中までは子どもっぽく感じます。ただし、最期が秀逸なので、「けっ、ファンタジーかよ」と投げてしまわず、一度は最後まで観た方が良いんではないかと。

 成人を迎えた王子は、花嫁を探さなければなりません。そんな王子が湖に白鳥狩りに出かけると、白鳥オデットから「私たちは魔法で白鳥に変えられただけだから殺さないで」とか、「若者から愛を告白されると魔法は解ける」などと言われます。王子と踊る女ですが、夜が明けると再び白鳥の姿になってしまいます。
 愛し合うようになり、とうとうオデットに愛を告白しようとする王子ですが、告白時に限って、相手は王女に化けた悪魔の娘でした。王子が悪魔と自分を見分けられず、傷つくオデット。偽物だと気づいた王子は湖にオデットを追いかけ、許しを請います。抱き合うふたりですが、そこに波が押し寄せてふたりは波に呑まれます…うああ、なんというエンディング。ちょっとアンデルセン物語っぽい無慈悲ぶりだぞ。。クラシックバレエって、死をテーマにした物語が多い印象です。ただし、振付によっては、最後に魔法が解けてハッピーエンドというものもあるそうで…結末変えちゃったら別の話だと思うんですが、いいんでしょうか?

 このCD、けっこうハイ上がりな音で、僕が持ってるのはSACD。でも、SACDのプレイヤーを持ってないので、普通のCDプレイヤーで聴いてるんですが(^^;)、それでも音がいいと感じます。ところが…「白鳥の湖」って、根本的にスコアがよくないと思ってしまいます。バレエの伴奏の為だけに書いた曲みたいで、雰囲気ばかりで構造が弱くて、かなり面白くない。チャイコフスキーは大好きな作曲家のひとりですが、3大バレエの中で最初に書かれた「白鳥の湖」は、まだ作曲家が踊りに気をつかいすぎて、バレエ音楽をどう作るか手探りだった気がするなあ。


スポンサーサイト



09 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS