FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『チャイコフスキー:歌曲集 エリーザベト・ゼーダーシュトレーム (sop)、アシュケナージ (p)』

Tchaikovsky_Songs_Soderstrom.jpg チャイコフスキーの歌曲集です!ロシア歌曲をあまり聴いた事がなかったので手にしたCDでした。チャイコフスキーの音楽で面白くないと思ったものに出会った事がないですから、歌曲は有名じゃないけど内容は良いに決まってると思ったものでね( ̄ー ̄)。

 いつもはクールなアシュケナージの演奏がかなりエスプレッシーヴォな事もあるのかも知れませんが、すごいロマンチックじゃないか!国民楽派とかロシアとか関係ないな(「子守歌」という曲なんかはロシア民謡っぽかったけど)。歌曲と言えばシューベルトですが、シューベルトの頃はロマン派もまだまだ初期で、シンプルでどこか朴訥。でも、ロマン派も後期になると、歌曲もとんでもなく情熱的な音の使い方がされるようになって、洗練もされてるし、しかも高度になってるという印象を持ってるんですが(R.シュトラウスとか)、チャイコフスキーの歌曲も同様の印象でした。しかもチャイコフスキーは稀代のメロディメーカーですからね、いいものにならないはずがな(^^)。ハイネ詩「何故?」や、ゲーテ詩の有名な「いや、ただあこがれを知る人だけが」、それにチャイコフスキーの友人であるアプーフチン「かくも早く忘れるとは」なんて、どれもたった3分ほどの曲なのにすごく劇的なクライマックスを迎えて、グッと来てしまいました。ロマン派の音楽が心に刺さる時って、この劇性による所も少なくないと思ってますが、これは見事でした。それが劇的に聴こえるぐらいに、アシュケナージの演奏が素晴らしかったという事かな?
 上記3曲以外でいいと思った曲は、農奴出身のウクライナの詩人シェフチェンコ詩「何故に?」(さっきのハイネの詩とは同名異曲)、これはインター部分でのピアノのメロが素晴らしかったです。

 詩で心動かされたのは、ハイネ「何故?」の冒頭「何故、春に色あせたのだろう。美しく咲き誇っていたあの薔薇は」というところ。薔薇は比喩ですよね、切ない…。あ、そうそう、詩は、ロシア詩とは限らないんですがロシア語に翻訳されたものを使っていました。ゲーテやハイネの詩がロシア語になってる、みたいな。ロシアだと、トルストイの登場回数が多かったです。

 このCDの解説によると、ロシア歌曲は、ダルゴムイシスキー、ムソグルスキー、ショスタコーヴィチあたりが書いた朗誦のスタイルをとるリアリズム歌曲が有名なんだそうです。でもこのCDに入っていたチャイコフスキー歌曲は、ロシア民謡っぽいのを除けばほとんどロマン派歌曲。しかもそれが素晴らしいからロシアはすごいと思ってしまいます。地理的に遅れてきたロマン派なだけに、ロマン派の極致ってやっぱりロシアだと思ってしまうなあ。まさかこんなに良いとは思いませんでした、チャイコフスキーばんざい!


スポンサーサイト



09 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS