FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Salvatore Adamo / A L'olympia (1965)』

Salvatore Adamo _A L olympia 1965 サルヴァトール・アダモの65年のライブ音源です。アダモは「Olympia」という名のレコードをいくつも出してまして、67年や77年もあったはず。日本でいう「Live at 日本武道館」みたいなものなのかな?

 「夜のヒットスタジオ」とか「ザ・ベストテン」とか、70年代の日本の歌謡番組って、こういう感じのアレンジやオケだったよな…。そういう意味で、これは僕の中ではシャンソンというよりフレンチ・ポップスにより近く感じました。シャンソンって、ダミアにしてもバルバラにしてもジュリエット・グレコにしても、クラシックの匂いが残ってるアコースティックなオケで、文学的な詩を歌う印象があるんです。でもこれはどう聴いても歌謡曲。

 アダモって、日本でヒットして、来日回数も20回とか30回とか、ものすごい回数だったはず。なるほど、日本の歌謡曲に限りなく近いから、当時の日本人には分かりやすかったのかも。そして、アダモやイヴ・モンタンやシルヴィ・バルタンやフランス・ギャルを聴くと、戦後から70年代までの日本のレコード会社主導の歌謡音楽って、アメリカ以上にフランスのポピュラーの影響の方が大きかったんじゃないかと思う時があるんですよね。板付きの4リズム&ビッグバンドのオケとか、そのアレンジの傾向とか、ショーのシステムとか、そっくりなんです。そして、その頃の日本の音楽って英米音楽べったりという訳じゃなく、フレンチ・ポップスも、マンボやルンバなんかのラテンも、ロシア歌謡も取り込んでたりします。そういう意味で、ポピュラー音楽は、同じ外国の物まねにしても、昔の方が豊かだったんじゃないか、な~んて思ったりして(^^)。


スポンサーサイト



09 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS