FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > スポーツ・プロレス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ラグビーワールドカップ2019日本大会、面白かった!

Rugby Worldcup2019_1ここひと月ほど、ラグビーのワールドカップに夢中になってました。今日は決勝、これまた感動的なほどに素晴らしい試合でした。ラグビーはこれまでたまに見る程度でしたが、ここまで面白いと思ったのは初めて。日本代表の健闘が面白く感じた一番の原因でしょうが、それ以外の試合も面白かったです!ところで、オフロードパスとかジャッカルとかって、昔からそんなラグビー用語ありましたっけ?なんだか、ラグビー自体がすごく進化しているのかも。

 1次リーグでの日本の4試合はどれも素晴らしかったです。特に、日本を馬鹿にしたような口をきいたスコットランドをスウィープした試合は凄かった!テクで逃げるんじゃなくて、スクラム組んでも何をやってもぜんぜん当たり負けないのがすごい、本当に世界のベスト8レベルの実力なんじゃないかと感じました。ほんのちっと前までは、世界の強豪が相手となると70対6ぐらいで負けていたチームが、本当に凄いよ。。

Rugby Worldcup2019_2 3連覇を目論むニュージーランドと、それを阻むイングランドの試合も面白かったです。試合前からバチバチの心理戦状態で面白かった。試合前に相手を威圧するようなパフォーマンスをするニュージーランドに対し、イングランドはそれをV字で囲んで押し返すような態度を取りました。これでイングランドは制裁金喰らっちゃいましたが、勝負事なんだからあれぐらいの闘志や胆の太さはあっていいと思いました。試合は相手の良さを潰し合ってこう着状態となる渋い内容でしたが、実力者同士の戦いってどんな競技でも相手の技を消しあう戦いになりがちですし、あれこそが高度なチーム同士のラグビーなんでしょうね。

 決勝トーナメントに進出した日本のvs南アフリカ戦、日本はここで力尽きましたが、その時の南アフリカのラグビーに感動、特に南アフリカの9番デクラークのファンになってしまいました。すごいチビなのにものすごい身体能力、日本がパスを出そうとするとそのタイミングを知っているかのように飛び出してきます。他にも南アフリカのプレイは凄くて、ラインアウトになったボールはほとんど(全部?)南アフリカに取られました。ラインアウトって、ほとんどがスローする側のチームが取るもんだと思ってましたが、こんなに全部奪われちゃうなんて、はじめて見ました。こういう南アフリカのさまざまなプレイって、チームや個々の力差もさることながら、日本の癖やら何やらが完全に研究されてたという事なんじゃないかと感じました。つまり、情報戦としても他の国を凌駕してたと感じたんですが、そういう所が本当に素晴らしい、裏でやっていたプロ野球日本シリーズの敗退チームの準備不足や勉強不足とは雲泥の差だよ。。

Rugby Worldcup2019_3 決勝は、絶対王者ニュージーランドを倒したイングランドと、日本を倒した南アフリカの対決。僕は日本を破った南アフリカを応援してましたが、これも素晴らしい熱戦!劣勢と言われていた南アが先制、同点に追いつかれた直後にも突き放す!イングランドがあと数十センチでトライという所から、南アフリカは何分以上守り続けたでしょう、必死のディフェンスに痺れました。後半なかばまでなんとかワントライワンゴールで追いつく所で食い下がるイングランドでしたが、そこでこのゲーム初のトライを決めたのは南アフリカ!さらに、残り7分での南アフリカの14番コルビのトラのステップは見事、2対1を個人技でヌイテのトライは見事、これで勝負ありでした。いやあ、ニュージーランドを潰したイングランドがノートライで潰されるとは…。いまだに人種問題を抱える南アフリカが、ラグビーで人種関係なしにひとつのチームとして素晴らしいラグビーを展開している事にも感動しました。利権がらみでグチャグチャになっているどこかの五輪と違ってこれこそスポーツ、南アフリカのラグビーは最高に面白かったです!

 スポーツの大きなイベントって、心に残るものがけっこうあります。サッカーでは、日本が延長線で守りきれずにワールドカップ出場を逃した「ドーハの悲劇」や、ついに初出場を果たした98年大会は、鮮烈な感動とともに心に残ってます。野球では、パリーグでの大逆転優勝を果たしたブライアントのダブルヘッダー4打席連続ホームランとか、ワールドベースボールクラシックス初開催時の日本優勝もすごかったです。ほかにも、冬季オリンピックのスキージャンプ団体戦での原田や船木の大ジャンプ、アメフトでのバリーサンダース擁するデトロイトライオンズの奮闘…一大イベントとして記憶に残っているものがけっこうあります。このラグビーワールドカップ2019日本大会も、僕の心にずっと残るだろう素晴らしい大会でした。史上初のベスト8に残った日本代表、そして南アフリカの素晴らしいラグビー、ジャイアントキリング連発の各国の素晴らしいチーム、感動をありがとう!


Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Sunday All Over The World / Kneeling At The Shrine』

Sunday All Over The World Kneeling At The Shrine どっちがバンド名か分からないアルバムってありませんか?最近までこのアルバム、「サンデイ・オール・オーバー・ザ・ワールド」がアルバムタイトルだと思ってました。同名の曲がこのアルバムに入っているのでね(^^)。でもまさかそれがバンド名だったとは…。というわけで、これはロバート・フリップ参加と知って買ったアルバム、1991年発表です。トーヤという女性ヴォーカリストが中心で、バンドはロバート・フリップ(g)、トレイ・ガン(stick)、ポール・ビーヴィス(dr)。ちなみに、トーヤはフリップの奥さんなんだそうです。

 簡単に言うと、80年代キング・クリムゾンが女性ヴォーカルのうしろでニューウェーヴ・ロックをやった、みたいな。だから、ニューウェーヴとして聴くと、アレンジも演奏も信じられないほど完成度が高くて、キングクリムゾンとして聴くと軟弱この上ない(^^;)。曲もよく出来てるし、バンドもヴォーカルのバックなんていうところには収まってなくてアレンジが見事、ロバート・フリップもギターをそこそこ真面目に弾いてます。ただ、演奏やアレンジをどこまでちゃんとやっても、やってる事がポップスというところが、70年代クリムゾンのファンとしてはきつかった。。いや、ニューウェーヴとして聴けば、これほどよく出来たアルバムを聴いた事がないというほどに凄いアルバムだと思うんです。今見るとガキくさく感じてしまうジャケットデザインも、昔はすっごくカッコよく感じましたし。

 90年代にこのアルバムを聴いて、ああ、ロバート・フリップはアントニオ猪木と同じなんだな、と合点がいきました。猪木は、少なくとも力士や柔道やアマレス出身者のひしめく日本プロレスの道場でナンバーワンを取るぐらいの実力があった人だそうですが、70年代は命を削るような試合を何試合もして、殺すか殺されるかの果たし合いのようなシュートマッチまで戦う事になって心身ともにボロボロ。真剣勝負としてのプロレスという神話を作りながら、そういう戦いに疲れ果てて、80年代以降はリアルな試合を一度も戦わなくなった、みたいな。フリップさんも同じで、若い頃の僕は『クリムゾン・キングの宮殿』から『レッド』までのキングクリムゾンに心を奪われて、以降のロバート・フリップを聴き続けてました。でもロバート・フリップにとっては、むしろそういう70年代クリムゾンのほうが例外で、演奏も毎日かなりの練習をしないと太刀打ちできないレベルのメンバーと張り合わなくては行けなくて、作曲もクラシックばりの大楽式を要求されてオーケストレーションも自分が作らないといけない、メンバーはどんどん抜けてひとりでバンド維持の責任を背負い続け、心身ともにボロボロだったんじゃないかと。これで、ロバート・フリップは音楽での真剣勝負を止めて、消耗せずに作れる「ほどほど」のものを作るようになり、80年代以降のロバート・フリップは、口ではいろんな事を言って「真剣勝負」を匂わせて人に期待させるけど、実際にやってる事はあくまでエンターテイメント。本気を見せるのもあくまでその枠内のほんの一部で、80年代以降は心身を削るほどの真剣勝負なアルバムは2度と作らなかった、みたいな。80年代以降のロバート・フリップのアルバムがすべて70年代クリムゾンのクオリティに遠く及ばないのは、こういう事なんじゃないかと。

 貧乏でいいから産業音楽界からは一歩ひいて、プロモーションやセールスなんて気にせず音楽だけに専念する生き方を選んでいたら、もっと幸せだった人かも知れませんね。贅沢さえしなければ、食っていけるだけの財は築いたんだろうし。あ、こんな事を書きましたが、このアルバム、素晴らしいスタジオミュージシャンの力で作られた、ものすごく完成度の高いニューウェーヴのアルバムだと思っています。


Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Robert Fripp / The League Of Gentlemen』

The League Of Gentlemen 1981年にキング・クリムゾンのリーダーのロバート・フリップが結成したバンド(?)のアルバムです。ジャケットに「Robert Fripp」の文字があるし、バンドじゃなくてロバート・フリップのプロジェクトだったのかも。

 昔聴いた時の印象は、「なんだこのペラッペラの音楽は、ニューウェイヴじゃん」と思ったんですが、いま聴くとけっこう80年代や90年代の再結成クリムゾンみたいなトリッキーなアルベジオや、なかなかすごいアドリブソロなど、ロバート・フリップの馬鹿テクを楽しめる所が何カ所かあって、そういうところは面白かったです。

 それなのになぜ若い頃の僕がこれをニューウェイヴに感じたのかというと、音とバンドの演奏技術に原因があったんじゃないかと。音はデジタルぽいコーラス系のエフェクターをかけた音で、ものすごくチープ。こういう音にしちゃうと、どうやって演奏してもニュアンスなんてなくなっちゃうので、おもちゃみたいな音に聴こえちゃうんですよね、「ピコピコピコ~」みたいな。同じ事が、変な音のキーボードにも言えます。なんで『リザード』『太陽と戦慄』みたいな音楽を作った人がこんな音で良しとしちゃうんだろう…それは、以降のロバートフリップ全般に言えます。
 そして、バンド。ドラムは楽器をはじめて3カ月ぐらいの中学生かよというぐらいにヘタクソ。ドン、ダッ、ドン、ダッ…しか叩きません。ベースも似たようなもの。これを良いと思えという方が無理なんじゃ(^^;)…チープの極みの80年代、恐るべし。

 ロックの中で演奏レベルが破格に高かった70年代キング・クリムゾンからの落差が辛かった…。というわけで、僕的には「ロックってこんなに凄いのか」と大感動したはずのロバート・フリップに幻滅しはじめたアルバムでした。この後、フリップさんはキング・クリムゾンを再結成しますが、それも『Exposure』やこのアルバムの音楽を、うまいメンバーに差し替えて再トライしたぐらいの感じで、うまくはなったけど根本的なところでずれてるな…みたいに感じちゃったのでした。それがクソうまいから厄介なんですが(^^;)。


Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Robert Fripp / Let the Power Fall』

Robert Fripp Let the Power Fall 80年代のロバート・フリップさんは「フリッパートロニクス」というギターとテープレコーダーを組み合わせた音楽に凝っていた事があります。演奏した音をテープに録音してループして、その上にまた演奏を重ねていく音楽で、デジタル・ディレイの登場以降は似たような事をフュージョンやアングラ・ロック系の人がイヤというほどやってますが、捉えようによっては現代音楽的でもあります。要はシステムではなく、そのシステムを使ってどういう音楽を作り出すかなんでしょうね。81年発表のロバート・フリップさんのソロ第3作『レット・ザ・パワー・フォール』は、フリッパートロニクスのソロだけで構成したアルバムでした。

 雰囲気は、ブライアン・イーノと作ったアルバム『Evening Star』みたい。フリッパートロニクスがイーノさんとのアルバムで使われていたかどうかは知りませんが、イーノさんとの共同作業の延長線上にあるのは確かじゃないかと。このアルバムは純粋にフリッパートロニクスだけで作った音楽なので、フリップ&イーノほどの色彩感はありませんが、シンプルなだけにプレイヤーの意図が伝わりやすくて面白かったです。

 ピアノには鍵盤をはなしても音が鳴り続けるダンパーペダルというのがあるんですが、クラシックを演奏してるとそのペダルを踏む指定がなくても「ここはダンパーペダルを踏んで次の音と混ぜた方がいいな」なんて感じで、ピアニストの裁量で踏んじゃう事があります。そうすると音がいっぱい混ざるのでカッコよくなるんですよ。4度も6度も9度も11度もとにかくいっぱい入ってるドビュッシーの曲なんかでやると効果てきめんなんですが、ヤバいのはこれをつかい過ぎると音がどれもこれも似たようになってしまうのと、不協和音を理解しとかないとヤバいという事。フリッパートロニクスがまさにこれで、ある曲では使う音を1、3、5という完全音程と9度に限定、他の曲では1、短3、5、短7に限定…つまりどうやっても不協和にならないようにしてます。そうすると、選んだ和声が持つニュアンスが曲を支配する事になり、一方で転調や和声進行を作る事は不可能になります。これがフリッパートロニクスの長所であり弱点で、フリッパートロニクスを使った時点で、書ける曲が決定しているんですよね。このアルバムでのフリップさんは際どい音を混ぜる事を避け、しかもかなり単純な協和音を意識しているので、ひたすら心地よいアンチクライマックスなループ・ミュージックになってます。

 どうせやるなら4度和声とかホールトーンとかいろんな旋法と和声に挑戦して欲しかったですが、そういう音楽的な挑戦には進まず、あくまでシンプルな基礎和声にこだわった事で、心地よい環境音楽的なトランス・ミュージックになってました。ハードでテクニカルなロバート・フリップを期待すると肩透かしを食うでしょうが、フリップ&イーノも好きだった僕には悪くないアルバム。このアルバムを聴いて、70年代末からしばらく軟弱なアルバムばかり作っていて諦めかけたフリップさんにもう少し付き合ってみてもいいのかも、と思ったのでした。若かったですね。(^^;)>。


11 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS