FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Robert Fripp / The League Of Gentlemen』

The League Of Gentlemen 1981年にキング・クリムゾンのリーダーのロバート・フリップが結成したバンド(?)のアルバムです。ジャケットに「Robert Fripp」の文字があるし、バンドじゃなくてロバート・フリップのプロジェクトだったのかも。

 昔聴いた時の印象は、「なんだこのペラッペラの音楽は、ニューウェイヴじゃん」と思ったんですが、いま聴くとけっこう80年代や90年代の再結成クリムゾンみたいなトリッキーなアルベジオや、なかなかすごいアドリブソロなど、ロバート・フリップの馬鹿テクを楽しめる所が何カ所かあって、そういうところは面白かったです。

 それなのになぜ若い頃の僕がこれをニューウェイヴに感じたのかというと、音とバンドの演奏技術に原因があったんじゃないかと。音はデジタルぽいコーラス系のエフェクターをかけた音で、ものすごくチープ。こういう音にしちゃうと、どうやって演奏してもニュアンスなんてなくなっちゃうので、おもちゃみたいな音に聴こえちゃうんですよね、「ピコピコピコ~」みたいな。同じ事が、変な音のキーボードにも言えます。なんで『リザード』『太陽と戦慄』みたいな音楽を作った人がこんな音で良しとしちゃうんだろう…それは、以降のロバートフリップ全般に言えます。
 そして、バンド。ドラムは楽器をはじめて3カ月ぐらいの中学生かよというぐらいにヘタクソ。ドン、ダッ、ドン、ダッ…しか叩きません。ベースも似たようなもの。これを良いと思えという方が無理なんじゃ(^^;)…チープの極みの80年代、恐るべし。

 ロックの中で演奏レベルが破格に高かった70年代キング・クリムゾンからの落差が辛かった…。というわけで、僕的には「ロックってこんなに凄いのか」と大感動したはずのロバート・フリップに幻滅しはじめたアルバムでした。この後、フリップさんはキング・クリムゾンを再結成しますが、それも『Exposure』やこのアルバムの音楽を、うまいメンバーに差し替えて再トライしたぐらいの感じで、うまくはなったけど根本的なところでずれてるな…みたいに感じちゃったのでした。それがクソうまいから厄介なんですが(^^;)。


スポンサーサイト



11 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS