FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番《皇帝》 グールド(p)、ストコフスキー指揮、アメリカ交響楽団』

Beethoven_EmpireConcerto_Gould Stokowski ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番、ブレンデルポリーニに続きまして、今度は異才グールドの録音を。これはずいぶんテンポを落とした演奏、第1楽章でだけで比較すると、ブレンデルが20分54秒、ポリーニが20分29秒(おっとこれは意外、ブレンデルの方が速く感じる^^;)、そしてグールドは22分です。グールドだけがまったく違う解釈をしているように聴こえました。

 このCD、1966年録音ですが、音がけっこういいです、1992年録音のポリーニ/アバド&ベルリンフィル盤より66年録音のこっちの方が録音が良くって迫力あります(^^)。グールドの古い録音って、音が潰れちゃってろくに聴こえないものが結構あるじゃないですか。このCDはそういう心配は無用です。

 それにしても、グールドのピアノはよく歌います。クラシックじゃなくてジャズみたいに聴こえるところまでありました。他の人と比較すると、たとえばポリーニは全体の流れを大きく作って常に流暢に繋がっていくのに、グールドは音節ごとに区切って「タララン、タラララン…」みたいに演奏する感じ。ね、ジャズっぽいでしょ?でもこれがカンタービレでカッコいいから困ったもんだ(^^;)。

 ただ、なんというか…これはグールドを聴くという感じで、僕にはベートーヴェンのピアノ協奏曲に聴こえませんでした。相変わらず途中で声出して歌っちゃうしね(^^;)。ベートーヴェンの皇帝を1枚だけ買うなら、このCDはあまりにオルタナなので避けた方がいいかも。でもいくつか聴くならリストに入れていいCDだと思います。グールド、僕はやっぱり好きだなあ。。


スポンサーサイト



11 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS