FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Ella FitzGerald /Sings the Cole Porter Songbook』 vol.1, vol.2

Ella FitzGerald_Sings the Cole Porter Songbook 今回のエラ・フィッツジェラルドをまとめて聴くぞ特集のラストは、1956年、ロサンジェルス録音のコール・ポーター作品集です!コール・ポーターに関しては、去年『五線譜のラブレター』というコール・ポーターの伝記映画を観まして、ハリウッドの映画やショービジネス世界で生きて、ゲイである事に苦しみ、強請られ…な~んて人だったというのをはじめて知りました。映画を観て、「Night and Day」や「Love for Sale」という歌の意味がはじめて分かった気がしたんですが、映画の感想はまたいずれ書こうと思います。今回は、このエラさんのアルバムを!

 僕がピアニストとして仕事を始めた頃、とにかく食えなかったもんで、作編曲やジャズバンドの仕事以外にも、ホテルのバーでの演奏とか、結婚式場でのオルガン演奏とか、とにかく鍵盤を弾く仕事は色んなものをやりました。やっかいなのがラウンジやバーでのジャズ演奏で、リクエストが来ちゃうんです。クラシック系のラウンジだとリクエストが予約制だったりするんですが、ジャズだとその日その場でリクエストが来ちゃう。気の利いた店だとリアル・ジャズ・ブックが置いてあるので、それを見て半分以上アドリブでパッと演奏しちゃうんですが、そんなものない箱もあるし、そもそもアンチョコ本に載ってない曲もあるのです。で、「知りません」と言うと、知ったかぶりしたクソ親父が「え、こんな曲も知らないの?この曲はポーターが誰それに捧げた曲で、ピーターソンが○○というアルバムで取りあげていて…」なんて得意げな雑学披露をお姉ちゃんの前でこれ見よがしに始めたりしてね。タヒねばいのにと思ってましたね。
 そんなわけで、ジャズ系のラウンジ仕事で知っとかないとヤバい作曲家ベスト3は、エリントン、ガーシュウィン、そしてコール・ポーターでした。1集と2集を合わせて32曲が入っているこのコール・ポーター・ソングブックは、そういう事情があって購入したのです。今だとCD2枚組になり、さらにボーナス3曲が追加になってるみたいです。エラはかなり原曲を大事にして歌うタイプだったので、エラの歌に近い形で演奏しておけば、文句はほとんど来ないだろうと思ったわけです。で、アンチョコ本に載ってなかった曲は、このアルバムから耳コピして、ぜんぶリードシートを作りました。

 前置きが長くなりました。この2枚のアルバム、伴奏はポール・スミス(p)のカルテットとバディ・ブレグマンのオーケストラで、カルテット演奏だったり、ジャズバンド・ウィズ・ストリングスだったり、ビッグバンドだったり。なんでこうなったかというと、コール・ポーターがハリウッドで重用された作曲家だったから、その曲集となると劇音楽調の編成にしたのかも知れません。録音もロスですしね。そういえば、エラのブレイクのきっかけのひとつは、ロスのジャズクラブにエラを聴きに来たマリリン・モンローが大感激して、モガンボに紹介した事だったそうです。当時のアメリカのショービズの世界で成功するには、ロスかニューヨークやシカゴのどれかだったんですね、きっと。そしてもうひとつの成功きっかけがまさにこのアルバムで、このアルバムは超ロングセラーアルバム。発売から70年がたってもまだ売れてるなんて、プレスリーのレコードにすらないんじゃないでしょうか。で、演奏は、先ほど述べたようにジャズというよりも劇伴調でした。ジャズより、マリリン・モンローや古いポピュラー歌手のアルバムをイメージした方が近いかも知れません。

 コール・ポーターの楽曲集と言えば、今でもこの2枚のアルバムが筆頭にあがるんじゃないでしょうか。大有名曲は言うまでもありませんが、僕が知らなかった曲で素晴らしいと思ったのは、「Get out of town」。この曲、すごく気に入って、リクエストが来ない時は、この曲をずっとまわして演奏してた事もありました。あと、さすがに「Night and Day」や「Everytime We Say Goodbye」や「Love for Sale」はやっぱり素晴らしい、ジャズの歴史にさんぜんと輝く大有名曲じゃないでしょうか。というわけで、これは今でも、ミュージシャンや音楽ライターなら持っておきたいコール・ポーター楽曲の最初の資料じゃないかと。それにしても、エラ・フィッツジェラルド、どのアルバムでも原曲を大事に歌う人だなあと感じました。なるほど、ジャズ・ヴォーカルの教科書にするならエラにしろと言われるわけですね。


スポンサーサイト



12 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS