FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『五線譜のラブレター』

Gosenfuno Loveletter コール・ポーターはジャズバンドが演奏する曲しか知らなかったのですが、コール・ポーターの生涯を描いたこの映画を見て、「へえ、こんな人だったのか」と初めて知ることができました。とはいっても劇映画なのでいろいろと脚色してあるのだとは思いますが。そうそう、コール・ポーターの曲としては、「Love for sale」や「Night and Day」の歌詞の意味がはじめて分かったような気がして、なるほどと思いました。クラブで若い男を買っていた人だから「Love for sale」なんだな、そうそう、コール・ポーターの書いた「Nighgt and Day」は、ビートルズ以降のポップスと同じ作曲技法で描かれていますが、彼らとは比較にならない作曲技術の高さで作られた名曲なので、聴いたことのない方はぜひ一度聴いてほしいです。

 映画は、年老いたコール・ポーターが、病で亡くなった奥さんとの人生を思い出す形で描かれます。自分の人生を、自分と対話しながら、映画のようにスクリーンに映して振り返っている、みたいな。そして、物語の要所要所で、物語に沿った詩を持つ彼の曲が、今のミュージシャンの演奏で流れる…という構成でした。なるほど、音楽家の自伝映画としては、いい構成だと思いました。

 コール・ポーターもゲイだったのですね。奥さんとの愛はたしかにあって、でも男色癖は別物、みたいな感じで描かれていましたが、なるほどそういう心理の在り方があるんですね。でも、奥さんを愛してるけどほかの女の子に気が行くことがある自分を考えれば理解できるか(^^;)。で、男色という弱みを握られて恐喝されたり、奥さんが病気で亡くなって創作意欲が亡くなってしまったりと、なるほどだらしがなさそうなアメリカの、よりだらしがなさそうなショービズの世界で生きた人なだけだって、やっぱりだらしがないんだな、みたいな。こう書くと、単なるだらしない人にも思えますが(^^;)、「人としてどう生きるか」というものを目指していた19世紀と違い、資本主義社会の中で正義よりも金、みたいな現代の資本主義社会では、こういう人がたくさん生まれるのは当然なのかも。最近、沢尻エリカさんが逮捕されましたが、あれは沢尻さんだけの話じゃなくって、倫理観や人間性を育てずに「稼ぐ」とか「職を身につける」というところばかり優先する社会にすると、すべての人がそうなる可能性があるということなんでしょうね。コール・ポーターどうこうよりも、そういう現代を眺めさせられたような映画でした。

 大傑作じゃないかもしれないけど、映画好きなら子供だましじゃない良質な作りの映画を楽しめるという意味で、なかなか良い映画じゃないかと!


スポンサーサイト



12 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS