FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Kenny Drew Trio / Pal Joey』

KennyDrew_PalJoey.jpg ビバップの時代からハードバップの時代、そしてその後の時代まで生き抜いたジャズ・ピアニストのケニー・ドリューのレコードです。1957年録音で、レーベルはリバーサイド、ピアノトリオによるスタンダード曲集でした。メンバーは、kenny Drew (p), Wilber Ware (b), Philly Joe Jones (dr)。

 ビバップ~ハードバップ期を生きぬいたバド・パウエル系の50年代ジャズ・ピアニストというと、ケニー・ドリュー、ウィントン・ケリー、ソニー・クラーク、エルモ・ホープあたりが思い浮かぶんですが、このあたりは音楽へのアプローチや演奏のクセ、ついでに曲まで似ているもので、僕にはあまり区別がついていません(^^;)。このアルバムも、いかにもバド・パウエル系の黒人ジャズピアニストのピアノ・トリオという感じで、普通と言えば普通なんですよね。でも、聴いていて飽きることがなかったです。こういう50年代のスタンダード・ジャズやハードバップを聴く時って、「あ、こうやって演奏するんだな」「なるほどそうアプローチするのか」みたいにプレイヤー視点で聴いてしまうのですが、きっとそうやって聴く音楽なのだと思うし、またそうやって聴くと飽きることがないという(^^)。
 このCD、ジャン・ユボーというクラシックのピアニストが演奏したフォーレのピアノ四重奏曲のあとに聴いたんですが、そのせいもあってタッチは雑だし、リズムも「乗らず」で危なっかしい、テーマをコードプレスで乗り切ろうとしたりするので「大丈夫かな、こんなアプローチで演奏していたらミスしちゃうんじゃないかな」なんてハラハラ。ところが、間違えそうで間違えない(^^)。そして、オープンになってからのツーファイブになると途端に華麗な指捌きを聴かせたりビバップフレーズが炸裂したりで、気がついたら演奏に引き込まれているという(^^)。いやあ、楽しかったです。

 ケニー・ドリューって、80~90年代には、ジャケットに水彩画をあしらったようなイージーリスニングなシャンパンジャズのアルバムばかり出すようになって、ジャズ喫茶のおっさんに叩かれてましたが、たしかにこういう50年代の演奏を聴くと、ジャズ喫茶のマスターが小言を言う気持ちも分からないではないです。なんて事はない50年代によくあるピアノ・トリオの1枚ですが、このへんのピアノ・トリオ好きな人には思いっきりツボなレコードなんじゃないかと。なかなか楽しかったです。でも、僕が推奨するケニー・ドリューのアルバムは…それはまた次回!
 

スポンサーサイト



12 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS