FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Trapp Family Singers / At Home With the Trapp Family Singers』

Trapp Family Singers_At Home With the Trapp Family Singers 映画『サウンド・オブ・ミュージック』で取りあげられたトラップ・ファミリーの本物の合唱がきけるCDです!トラップ・ファミリーの音源はいろいろ出てますが、一世を風靡したグループだし、とにかくアルバムで録音を残すのが一般的じゃなかった頃なので、ブート音源の宝庫みたいな状態で、ぜったいにひどい録音のものもあるはず。というわけで、色々考えたあげくに、僕はクラシックの名門グラモフォンが出したこの1枚を選んだのでした。

 トラップ・ファミリーはオーストリアの大家族で、元々はプロではなく、当時のオーストリアに住んでいる人が普通に歌っていた教会音楽とかクリスマス・キャロルとかトラディショナルを家族で合唱して楽しんでいただけだったみたいです。それが2次大戦でドイツに占領され、一家はイギリスやアメリカに亡命。逃げたはいいけど仕事なんてそんなに簡単にありつけるもんじゃない、歌を聴かせて食いつないでいたら、いつの間にか合唱が本業になった、みたいな。

 そしてこのCDです。お、映画の先入観があったものだから子供の声かと思っていたら、立派な大人の合唱じゃないか!なるほど亡命している間にみんな大人になったんだな(^^)。歌は無伴奏の男女混声合唱がメイン、でも曲によっては女声合唱だったり、リコーダー合奏の伴奏がついているもの、リコーダーだけのインストゥルメンタルなどもありました。いやあ、こういうリコーダー音楽はバロック以前のアーリーミュージックの世界の楽器だと思っていたので、もしオーストリアの家庭では普通に演奏されていたのだとしたら驚き。家では歌だけでなくリコーダーを演奏して楽しんでいたのかも知れませんね、なんと楽しそうな家族なんだ、あこがれるなあ。あと、ヨーデルを歌っているものもあって、これも驚き!なるほど、オーストリア出身だからアルプス方面の音楽はお手の物なのかも
 曲のセレクトはトラディショナルが多かったですが、グリークなどのプロ作曲家の書いた曲も歌われていました。トラップ・ファミリーって教会合唱もやっている筈なので、このCDはオーストリア方面のトラディショナルを集めた企画盤という事なんでしょう。

 とにかく、合唱が見事!日本だと伝統音楽と今の音楽が断絶しているので分かりにくいですが、ドイツ~オーストリア文化は、教会音楽、トラディショナル、クラシックが地続きで別物じゃないんだな、と感じました。また、ドイツ~オーストリアの合唱の伝統が北米に渡って、北米音楽のルーツのひとつになっていったんだろうなと思うと、世界史を音で聴いているようで、なんとも感慨深いものがありました。これは素晴らしい1枚、ゲルマンの見事な合唱音楽でした!


スポンサーサイト



12 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS