FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Trapp Family Singers / Christmas With the Trapp Family Singers』

Trapp Family Singers_Christmas With the Trapp Family Singers トラップ・ファミリーのCD、こちらはクリスマス曲集です。クリスマス曲集といっても日本でいうクリスマス曲とは若干ずれていて、教会音楽という感じバッハヴィヴァルディどころか、ルネサンス音楽のパレストリーナやグレゴリオ聖歌まで入っていました。

 CDのジャケット写真では女性合唱っぽいですが、実際には混声合唱。しかも…なんだこれ、プロの合唱団じゃないのか?!とても趣味で歌ってた家族合唱なんてレベルじゃないぞ。。曲が宗教歌という事もあるのでしょうが、なんと厳かで美しいコーラスだ、ビックリしました。古楽合唱だと、プロでもピッチやリズムの甘いものを幾らでも聴いてきましたが、これはそんなプロ合唱団より全然うまいじゃないか。いやあ、素晴らしかったです。

 僕がトラップ・ファミリーを知ったのは、映画『サウンド・オブ・ミュージック』がきっかけだったもので、「マイ・フェイバリット・シングス」や「ドレミの歌」みたいなポピュラーを趣味で楽しく歌う、オーストリア版ジャクソン5みたいなものかと思っていました。選曲を含め、これは恐れ入りました。調べてみたところ、いよいよプロとして活動しはじめた時には、こういう教会音楽を歌う合唱団としてスタートしたみたいです。北米だとそれだと硬すぎて売れないから、トラッドやポピュラーも歌うようになったんだそうで。これは素晴らしいクリスマス音楽。クリスマスに何かいい音楽をというのであれば、1度はこういうものを聴いてもいいかも(^^)。


スポンサーサイト



12 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS