FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Megadeth / PEACE SELLS ...BUT WHO'S BUYING?』

Megadeth _PEACE SELLS BUT WHOS BUYING 今年もあと少しで終わりですね。年の最後に何を聴こうか…今年はクラシックや民族音楽をかなり聴いたので、最後はスラッシュメタルでパーっと締めますか!!
 これはスラッシュメタル・バンドのメガデスが1986年に発表したアルバムです。スラッシュメタルというと、メタリカ、メガデス、アンスラックススレイヤーあたりが思い浮かびますが(というか、僕はそれぐらいしか知らない^^;)、この中で好きなのはメガデスとスレイヤーです。メタリカがいちばん有名なんでしょうが、音楽的にはメガデスやスレイヤーの方が優れて感じます…とか言って、メガデスはこのアルバムしか聴いてないんですけどね(^^;)。

 スラッシュメタルの中で特に曲がよく出来ていて、そこが好きでした。スラッシュメタルって、早く刻むことに気を取られて、ドラムもベースもギターも同じリズムで動いてシンコペーションがなくなっちゃうバンドが多いと思いませんか?メタリカやアンスラックスがそうですが、弾きまくってるのに全員同じリズムで演奏するもんだから音楽の情報量はむしろ減っちゃってるな、みたいな。でも、曲が優れているメガデスにはそれがないのです。というわけで、曲のカッコいいスラッシュを聴きたいならメガデスでしょ、みたいな(^^)。

 一方で、どこか冷たい音楽とも感じていました。いま聴くと、演奏表現が少ないところと、音楽がギターのリフとソロだけで出来てるようなものなので、ギター以外は付録程度の自動演奏に感じてしまったというこの2つで、速くラウドな割に冷たい音楽だと感じるのかも知れません。でも、その機械的な感じが、当時に出始めていたゲーム音楽なんかのデジタルなインスト音楽とオーバーラップして感じるところもあって、これが時代の音だったという印象も持っています。

 今では市民権を得たスラッシュメタルですが、僕が聴いていた頃のスラッシュはまだキワモノ扱いだったなあ。「え、メガデスなんて聴くの?(白い目)」って感じで、これを聴いていたらオタク扱いでしたからね(^^;)。


スポンサーサイト



12 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS