FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『ANTHRAX / Among the Living』

ANTHRAX Among the Living スラッシュメタル、続いてはアンスラックスです!これは87年に発表されたサードアルバム、僕はアンスラックスは食わず嫌いでなかなか聴きませんでした。理由は短パンです ( ̄ii ̄)。そんな僕に、メタルマニアの友人が「このCDは短パン写ってないからいいだろ」と貸してくれたのが、このCDでした。というわけで、僕が聴いたアンスラックス唯一のアルバムがこれです。

 ギターがザクザク言ってます。ドラムがツーバスです。ベースがドンシャリです。ユニゾンで叫びます。そして速い!これぞスラッシュ、僕にとってのスラッシュメタルのイメージって、このアルバムとメタリカの『Master of Puppets』です。メタリカとアンスラックスの共通項をあげれば、やっぱりこのギターのザクザク刻むパワーコード。これをカッコいいと感じるか退屈と感じるかで、スラッシュメタルをいいと思うかどうかが分かれるんじゃないかと。

 学生のころ、「I am the Law」の超速のザクザクを初めて聴いた時には「すげえ!」って思いました。でも、アルバム1枚を聴きとおせなかったんです。理由は自分にとって難しすぎたんじゃなくて、その逆で単純すぎたから。アンスラックスもメタリカも、全員同じビートで動いちゃうから、一生けんめい弾いてる割に音の情報が多くないんですよね。全員同時に動いちゃったらアンサンブルが発生しなくて、ギターがリフをザクザク刻んでるんだから、ベースがカウンターラインを作るなり、ドラムがギターとシンコペーションを起こすようなパターンを刻めたら、もっといい音楽になれたんじゃ…みたいな感想を覚えてしまう時点で、スラッシュメタルを聴く資格がないんでしょう。ビートに特化したのがこの音楽の特徴で、たしかにシンコペーションなしで全員でガツガツ来るのを魅力的に感じた事もありました。やっぱり、ギターの高速の刻みに感じることができるかどうかがスラッシュメタルの分水嶺じゃないかと。


スポンサーサイト



12 2019 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS