FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: PC・PCソフト・ゲーム etc. > ゲーム   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『バイオハザード CODE:Veronica 完全版』 PlayStation2 ゲーム

biohazard code veronica プレステの3作目でバイオハザードを見限ったはずの僕でしたが、プレステ2になって発売されたこの作品もやってしまったのでした。よほど1作目2作目の体験が素晴らしかったんでしょうね(^^)。ロックバンドのレコードでも、たった1枚の名アルバムを聴いたがために、以降は何度はずしても新作に手を出しちゃう事とかありますし。。そしてまた、「あのおっかないバイオハザードの画面が綺麗になったらもっと凄いんじゃないの?!」という期待もあったのです。ところで、このゲームのタイトルにある「完全版」の意味、僕はいまだに分かってません(^^;)。完全版の前にほかのプラットフォームで不完全版でも発売されてたのかな?

 たしかに画面はきれいになったけど、微差かな…そこまで凄く綺麗になったとまでは感じませんでした。スーパーファミコンからプレステの進化はすごいものがあったけど、プレステからプレステ2の進化はそんなに大きいと感じなかったので、ここはソフトじゃなくハードの問題かも。そしてなにより、ゲームもストーリーもいまいちに感じて、1や2をやった時の目くるめく緊張感や新鮮さを感じる事が出来ませんでした。もしかすると、このゲームが面白くないのではなく、僕がこういうゲームに慣れちゃったのかも。でもトゥームレイダースは1から5までやってもまったく飽きなかったので、やっぱりバイオ自体にも何か飽きやすい要素があったのかな…。

 というわけで、これが僕にとってのバイオハザード卒業作品となったのでした。今ではストーリーすら覚えてないし、そもそも自分が最後までプレイしたのかすら覚えてない状態です(^^;)。僕にとってのバイオハザードは1と2だったなあ、あの2作は大名作だったと今でも思います。そして、今は初期の2作はものすごくきれいな画面になってリメイクされてるらしいですね。Youtube でプレイ動画をちょとだけ見ましたが、本当にきれいになっていてびっくりしました!でも、もう自分でやらなくていいやと思ってしまったのは年齢的なものなんでしょうね。。


スポンサーサイト



Category: PC・PCソフト・ゲーム etc. > ゲーム   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『バイオハザード3』 PlayStation ゲーム

BIOHAZARD3.jpg 大ヒットホラーゲームの第3弾です!プレステで遊べたバイオハザードは全部で3作。に嵌まった僕は、当然のように3にも手を出しました。ゲームって怖いですよね、本当は仕事や睡眠に時間を割きたいのに、そういう時間を削ってでもやりたいと思っちゃうほど楽しいんですから、若い頃の僕にとっては一種の麻薬でした。今となっては、なんであんなに夢中になれたのか不思議なぐらいですが、当時はそれぐらい夢中でやってました。

 3は、追跡してくるメッチャ強い敵がいて、こいつがしつこくてなかなか強烈です。うまく逃げたと思ったのに、壁をつき破ってド~ンと出てきたときにはマジでびっくりした!
 でも3は僕の中ではもう一声に感じていました。2と似すぎてるんですよね。だから遊んでいて「次はこうなるんだろうな」と思っちゃって(実際そうなる^^;)、新鮮味が薄れたのが痛かったのかも。最後は自爆装置が働いてカウントダウン内に逃げないといけないというのも同じですし。一度ときめかなくなると、謎解きもお使いに行かされてるだけに感じてきて、「ああ、バイオハザードは1と2で燃えつきたんだな、マッドマックスやランボーと同じか」と思ってしまいました。シリーズものって、なんで3でダメになるんでしょうね。マンネリに感じるのは3回目という人間の心理的な仕組みがあったりするんでしょうか。そういえば音楽も変奏なしで主題を3回繰り返したらもうアウトだもんなあ。

 というわけで、よく出来てはいましたが、飽きた為に面白く思わなくなってしまったバイオハザードでした。もしかすると、このゲーム自体より飽きっぽい僕の人間性の問題かも(^^;)。


01 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS