FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Jazz Crusaders / Lookin' Ahead』

The Jazz Crusaders_Lookin Ahead ジャズ・クルセイダーズのセカンド・アルバム、1962年発表です!ファーストアルバムのクールさにしびれた僕がセカンドアルバムを買わないわけがない、そしてこれも素晴らしかった!!

 おお、1曲目がいきなりリムスキー・コルサコフの曲のアレンジものでモーダル!なんという事をするんだ、見事というしかないじゃないか。。そして2曲めはいかにもハードバップ的なズシンと来るカッコよさの曲。最初の2曲を聴かされた時点で、僕のハートはまたしても鷲づかみされてしまいました。そして3曲目は、なんとウエストサイド物語の「トゥナイト」。でもバラードで演奏せずに4ビートで演奏してます。テーマをサックスとボントロにリレーしつつ演奏してます…いや~工夫が素晴らしいです。

 その後の「507 Neyland」も「Till All Ends」も、アレンジとアンサンブルが見事。出てくる曲でてくる曲、素晴らしい完成度です。ガッチリ作ってあるわけじゃないんですけど、楽器の抜き差しとか、テーマのリレーとか、要所で決まるトゥッティとかハーモニーとか、そういうさりげない所がパチッとしてるだけで、ジャズってこんなにしっかりした音楽だったのかと思ってしまう素晴らしさ。こういうアレンジものは個人事業主の集まりのジャズバンドでは難しい、ジャズコンボの魅力がいかんなく発揮されたアルバムと感じました。どちらを先に聴くかというなら、僕的にはファーストが先がオススメですが、ファーストをいいと感じた方ならこれも間違いなく行けるはず。素晴らしい1枚でした。なんでこれだけ見事なコンボが、イージーリスニングみたいなクロスオーバーに走っちゃったんだろうな…。


スポンサーサイト



01 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS