FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(文芸・科学・哲学)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

小説『時の石』 栗本薫

Toki No Isi パンデミックで人類が滅びてしまう物語では、栗本薫さんが書いた「黴」という話も覚えています。子供のころ、栗本さん作の「グイン・サーガ」というヒロイック・ファンタジーとクトゥルフ神話が混じったよう長編小説が好きで、彼女の小説をむさぼるように読んでいた事があります。この本は、「黴」を含む栗本さんの短編小説集。僕がこれを読んだのは中学生。他に、「時の石」と「BURN~紫の炎~」という話も入ってました。最後の小説は完全にディープ・パープルですね(^^;)。そういえば、小説「グインサーガ」のあとがきで、栗本さんはキーボードを弾いていたとか書いてあったっけ。ブルーノートがまったく理解できなかったそうで。そうそう、僕が栗本さんを初めてみたのは、中島梓(栗本さんの別名)としてクイズ番組の「ヒントでピント」の女性チームのリーダーとして出演していた時でした。「ヒントでピント」、覚えてる人も少ないだろうな(^^;)。。

 「時の石」。ある石を握ると過去の幸福だったころの自分を思い出してしまい、色々と事件が起こります。主人公の友人は自殺し、学校の女教師もおかしくなって…みたいな。

 「黴」。黴が世界で大繁殖してしまって人類がほぼ滅亡。ただ、病院にいてアルコール消毒していた人など、一部だけが生き残って、新しい世界で生きていくという話。

 「BURN~紫の炎~」。これも世界滅亡もので、どうして滅んだんだっけな?覚えてません(^^;)。でも、様子の変わった世界の中で、わずかに生き残った主人公やほかの人がサバイバルしていくという話でした。たしか、ロボという犬が出てきて、生きるためにその犬に毒見係をさせていたら、羽が生えて飛ぶようになっちゃったんですよ(^^;)。

 栗本さんは器用な人で、SF小説でもホラーでもファンタジーでも推理小説でも何でも書いてしまう人で、子供の頃の僕にとっては栗本さんが書いたものはどれもこれも面白かったです。でも、今にして思えば、そのすべてが何かの小説の模倣のようで、しかも軽い内容。つまり、読み捨てる大衆小説を書く職業作家だったんですね。そういう小説なので、僕は人生のどこかで栗本さんを卒業しちゃいました。それでも読んでから30年以上たっても読み直さずにこれぐらい思い出せちゃうんですから、優れた職人だったんじゃないかと。


Category: アート・本・映画 etc. > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『復活の日』 小松左京原作、深作欣二監督、草刈正雄主演

Fukkatu no Hi コロナウイルスが世界中で猛威を振るっています。パンデミックで人類が絶滅の危機に瀕する…といって思いだすのが、1980年制作の角川映画『復活の日』です。邦画としては超大作に入るんじゃないでしょうか?!角川映画というとテレビドラマの延長ぐらいのチープな作りという印象を持ってるんですが、この映画はすごかった!僕の好きな角川映画は『復活の日』と『野獣死すべし』のふたつが圧倒的トップで、斜め下ぐらいに『Wの悲劇』がある感じ。

 東西冷戦で開発された細菌兵器が、不幸な事故から世界中に広まってしまいます。人類はこれを必死に食い止めようとしますが止めることが出来ず、さらに東西冷戦も絡んで核ミサイルが発射され、人類はほぼ絶滅状態に。唯一、南極にいた人類だけが生き残り…

 僕がこの映画を初めてみたのは、中学生の時でした。話のスケールの大きさに圧倒され、さらに本物の潜水艦(!)を海底で撮影した映像に魅了されました。人類の中でわずかに生き残った主人公が、人のいない大陸を必死に歩いて南極を目指すという「人類滅亡後のサバイバル」という設定も、中学生の冒険心を刺激するに十分でした(^^)。いやあ、メチャクチャ面白い映画だったなあ。映画を観た後、何日もその映画のことばかりを考えてしまう状態になったほど、影響された映画でした。
 
 いまの日本や合衆国やイギリスを見ていると、政治家のトップが自分のことばかり考えるクズだらけ、とんでもない不正をしてもそれを正すどころか謝罪すらせず、国と国はいつまでも戦争をやめず、経済優先で環境汚染をやめようとせず…第2次世界大戦という人類絶滅の危機からまったく何も学んでいない馬鹿な人類を見ていると、一度ぜんぶぶっ壊して最初からやり直したいという気持ちは、ちょっとわからなくもなかったりして(^^)。

 しかし、この映画では、自分のことばかり考えて自滅していく愚かな政治指導者や人類だけでなく、自己を犠牲にして何とか人間を救おうとする医師なども描かれていて、それもまた人間などだと思わされましたねえ。なんだか、今回のコロナウイルスの対処にそっくりだぞ、予言の書か、これは…。結果は、ワクチンは完成したけど、生き残った人類はわずか数十人。
 コロナウイルスで苦しんでいる方がみな回復し、また一日もはやくこの想像が終息することを祈っています。


Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Kinks / Lola versus Powerman and the Moneygoround, Part One』

Kinks_Lola versus Powerman and the Moneygoround, Part One キンクスが1970年に発表した10枚目のアルバムです。日本盤のタイトルは「ローラ対パワーマン、マネーゴーラウンド組第一回戦」…こういう長いアルバムタイトルをつけるところがキンクスのキンクスたるゆえんなんでしょうね(^^)。若いころの僕もひねくれたところがあったので、こういうセンスには共感できるものがありました。今では「ガキくさいな」とか思っちゃうんですけどね(^^)。。

 ところが、音楽はひねらず直球勝負でした。アコースティックなフォーク調の曲、バンド演奏の曲、ピアノやオルガンを導入したビートルズ的なポップ曲などがバランスよく混ざっていました。なにより、この前に発表した『アーサー王』の演奏のショボさとはうって変わって、演奏が安定していた所がよかったです。この安定感を支えているのはフォークギターと鍵盤楽器の演奏の良さと感じましたが、その部分がものすごくビートルズ的で、ビートルズのアルバムだと言われても信じてしまいそうなほど。

 でも、そんな普通に収まる性格でないのがはねっかえりの若造たちというもんです。このアルバムはキンクスのヴォーカルギターであるレイ・デイヴィスの自伝的な構成になっていて、バンドが売れてミュージシャンとして生きていけるようになったものの、音楽業界でトラブルに見舞われたり色々とあって、結論としては…みたいな。ああ~やっぱり一筋縄じゃ行かないんだな、キンクスはどこまでいってもキンクスでした(^^)。

 キンクスが自分たちで演奏したアルバムでは、僕はこれが一番好きなんですが、でもやっぱりこれは若い人が聴く音楽で、僕みたいな大人になった人間が聴くと青臭いというか、ね(^^;)。だから、いい音楽を聴くというよりも、こういう音楽を聴いていた頃を楽しむとか、自分にもこういう風に物事を感じていた頃があったと振り返って聴くとか、そんな風に聴かないと楽しめないのかもな、なーんて感じました。今の若い人がこの音楽を聴いて楽しく感じるとは思えないので、ある年齢層以上の人限定のご用達アルバムになるのかな?僕より20年ぐらい上の世代の人だと、僕らの世代よりさらにしっくりくる音楽なのかも。


Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Kinks / Arthur (Or the Decline and Fall of the British Empire)』

Kinks_Arthur.jpg キンクスのアルバム、僕はデビュー時のアルバム2枚の後はしばらく聴いていなくて、次に聴いたアルバムは1969年発表のこれでした。邦題は「アーサー、もしくは大英帝国の衰退ならびに滅亡」。アーサー王の物語かと思いきや、ここでいうアーサーとはキンクスのリーダーであるジョン・ダルトンの義兄の事で、アーサーさんは労働者階級の人。

 面白いのはこの物語で、イギリスの労働者階級の視点から物語が紡がれていきます。世界を支配したヨーロッパの連合国陣営でも、その国に住む労働者はというと、貧しく生きてたりするんだなあ、みたいな。僕は何度かイギリスに行った事がありますが、原爆を落とされて手ひどい敗戦を味わったアジアの国に住んでいるこの僕が「貧しい国なんだな」と思ったほどの寂れっぷりでした。労働者階級の人が住んでいる地域に入っていったら、労働者の人たちが住んでいそうなアパートがいっぱいあって、工場があって、「ああ、資本主義が進んだ国家では貧富の差がシャレにならないぐらい拡大してしまうんだな」みたいな。でも、あんまり締め付けると暴動が起きるから、暴動が起きない程度の保証だけして、そうすると「死なない程度に生かされている」みたいな貧困層が出来るのかも。そして、20年後にまさか総中産階級と言われた日本まで同じような状況になるとは、若い頃の僕には想像もつきませんでした。ローリング・ストーンズとキンクスは、イギリスの労働者階級の若者の叫びである点が重要な意味を持ってる気がします。その同胞意識がファンの共感を生んだ、みたいな。日本からこういうメッセージ性のある歌を歌うバンドやフォークシンガーが消えたのは、市民がクソ馬鹿な事と、尖ったことを言うとすぐ叩かれるという社会構造によるんでしょうね。

 音楽は…いかにも60年代のイギリスのビートバンドで、演奏が下手さがちょっときつい(^^;)。なるほど、デビューアルバムでギターを弾いていたのがジミーペイジだったという噂は本当かも知れないと思ってしまいました。音楽は、バンドの上にピアノやホーンセクションが後付けでダビングされている作りで、サージェント・ペパーズ以降のビートルズみたいでした。ビートルズのサージェント・ペパーズやストーンズのサタニックやスモールフェイセズのオグデンにも共通することですが、この時代のイギリスのビートバンドが作るコンセプト・アルバムって、ひとつひとつの曲や演奏のクオリティが低いな、みたいな(゚ω゚*)。そんなわけで、このアルバムは音楽より物語に注目して聴いた方が楽しめるアルバムかも。


Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Kinks / Kinda Kinks』

Kinks_KindaKinks.jpg 1965年発表のキンクスのセカンド・アルバムです。中学生の時にファースト・アルバムとセカンド・アルバムをカップリングしたCDを買ったもんで、「YouReally Got Me」を聴くつもりで買ったファーストのついでについてきたアルバムでした。そんなもんだから、印象が薄いアルバムではあるんですが、いざ聴くといつも「あ、これ、なかなかいいな」と思うんですよ(^^)。

 印象が薄い理由は、ビート・ナンバーにファースト・アルバムほどいい曲がそろってないから。でもそれは仕方ないですよね、ファーストは半分ぐらいがロックンロールやR&Bの名曲のカバーなんですから。でも、曲はちょっと弱いけど、演奏のカッコよさはファーストから変わらずで、カッコいいです(^^)。

 でも、ビート・ナンバー以外ではいい曲が入っていまして、まずはイギリスでチャート1位になった「Tired of Waiting for You」。これ、1小節分の長さで作られている楽句が少しずつずり上がっていくメロディの形なんですが、いいメロディを作る勉強になりました。ああ、これはいいわ。
 そして、ファーストにはない素晴らしいタイプの曲が「Nothin' in the World Can Stop Me Worryin' 'Bout That Girl」。アコースティック・ギターの印象的なリフの上に歌が重なり、そのリフが別のキーで演奏され、そしてターンバックするんですが、つまりは思いっきりブリティッシュ・トラッドなのです。うーん、これもいい。。

 一見地味ですが、実は素晴らしいブリティッシュ・ビートの隠れ名盤。僕にとってのキンクスは、間違いなく初期の2枚。初期のビートルズやヤードバーズは聴かなくていいけど、初期キンクスはぜひとも聞いてほしいと思ってしまうのでした(^^)。


Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Kinks』

Kinks.jpg 60年代初頭のイギリスって、ビートルズを筆頭に、マージービートと呼ばれる音楽を演奏するバンドがいっぱいあったじゃないですか。でもビートルズの音楽でも「マージ―ビート」って言葉がしっくりくるのは「Please Please Me」あたりを演奏していた初期だけで、「Taxman」あたりからは、マージ―ビートって感じがしません。どこで分かれるかというと、エレキギターが安っぽい音でチャカチャカ鳴っていて、1曲2~3分で一気に勝負をつけてくれないとマージ―ビートじゃないな、みたいな(^^)。
 僕のこの勝手な定義によると、いかにもマージ―ビートというバンドは、ビートルズ、サーチャーズ、ゾンビーズ、ホリーズあたり。ここにもうちょっと黒さが入るローリング・ストーンズアニマルズは、マージ―ビートと呼びたくなくて、R&Bバンドかな、みたいな。でもって、「エレキギターがチャカチャカ鳴りつつR&Bじゃない」というこのマージ―ビートの定義にハマる一番の名盤は何かというと、僕的にはゼムのファーストアルバムと、1964年発表のキンクスのデビューアルバムなのです!この2枚のカッコよさは別格、「マージ―ビートなんて古臭くて聞いてられないぜ」という人も、ぜひこの2枚だけは聴いていただきたいのです!この2枚でダメなら、僕も諦めます(^^;)。

 1曲目「Beautiful Delilah」、ギターがチャカチャカした音をしていないとこのビート感は出せないというカッコよさ!オリジナルのチャック・ベリーより断然カッコよくて、マージービートを前提にしないとこのカッコよさは成立しないと思えてしまうほど。それにしても、ドラムとギターがめっちゃタイトでうまい、初期のビートルズやストーンズを聴く気が失せるほどのうまさです。
 2曲目以降も素晴らしくて、サビ頭の2曲目「So Mystifying」のハモのキャッチーさと、その後ろのギターのリフのクセになるカッコよさは尋常でない。A面最後の「You Really Got Me」の抜群のカッコよさは、今さら僕が説明するまでもないほど。そのインスト版のような「Revenge」も、マージ―ビートの楽器編成でないと出せなかっただろうビート感と病みつきになるリフで、本当にしびれる…いや~、マジでアルバム1枚通して素晴らしいんですよ!!

 さて、キンクスのデビュー作の何がこんなにカッコいいのかを僕的に要約すると、ビートやリズムパターンを活かした曲がいい事と、演奏が当時のバンドにしては異常にうまい事のふたつ。特に、ギターとドラムは特質ものの素晴らしさです。でもちょっと不思議なのは、キンクスって、70年代あたりのアルバムを聴くと、演奏がものすごい下手なんですよ。一体これはどういう事だ…と思ったら、ドラムはボビー・グラハムなのか、そりゃそうですよね、このうまさはカレッジバンドに出せるとは思えないですもんね。ほかにも、曲によってジョン・ロードジミー・ペイジなんかも参加していた模様。そりゃいい演奏のアルバムになるわけですね。僕的マージ―ビートの代表アルバム、大好きです!!


03 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS