FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Kinks』

Kinks.jpg 60年代初頭のイギリスって、ビートルズを筆頭に、マージービートと呼ばれる音楽を演奏するバンドがいっぱいあったじゃないですか。でもビートルズの音楽でも「マージ―ビート」って言葉がしっくりくるのは「Please Please Me」あたりを演奏していた初期だけで、「Taxman」あたりからは、マージ―ビートって感じがしません。どこで分かれるかというと、エレキギターが安っぽい音でチャカチャカ鳴っていて、1曲2~3分で一気に勝負をつけてくれないとマージ―ビートじゃないな、みたいな(^^)。
 僕のこの勝手な定義によると、いかにもマージ―ビートというバンドは、ビートルズ、サーチャーズ、ゾンビーズ、ホリーズあたり。ここにもうちょっと黒さが入るローリング・ストーンズアニマルズは、マージ―ビートと呼びたくなくて、R&Bバンドかな、みたいな。でもって、「エレキギターがチャカチャカ鳴りつつR&Bじゃない」というこのマージ―ビートの定義にハマる一番の名盤は何かというと、僕的にはゼムのファーストアルバムと、1964年発表のキンクスのデビューアルバムなのです!この2枚のカッコよさは別格、「マージ―ビートなんて古臭くて聞いてられないぜ」という人も、ぜひこの2枚だけは聴いていただきたいのです!この2枚でダメなら、僕も諦めます(^^;)。

 1曲目「Beautiful Delilah」、ギターがチャカチャカした音をしていないとこのビート感は出せないというカッコよさ!オリジナルのチャック・ベリーより断然カッコよくて、マージービートを前提にしないとこのカッコよさは成立しないと思えてしまうほど。それにしても、ドラムとギターがめっちゃタイトでうまい、初期のビートルズやストーンズを聴く気が失せるほどのうまさです。
 2曲目以降も素晴らしくて、サビ頭の2曲目「So Mystifying」のハモのキャッチーさと、その後ろのギターのリフのクセになるカッコよさは尋常でない。A面最後の「You Really Got Me」の抜群のカッコよさは、今さら僕が説明するまでもないほど。そのインスト版のような「Revenge」も、マージ―ビートの楽器編成でないと出せなかっただろうビート感と病みつきになるリフで、本当にしびれる…いや~、マジでアルバム1枚通して素晴らしいんですよ!!

 さて、キンクスのデビュー作の何がこんなにカッコいいのかを僕的に要約すると、ビートやリズムパターンを活かした曲がいい事と、演奏が当時のバンドにしては異常にうまい事のふたつ。特に、ギターとドラムは特質ものの素晴らしさです。でもちょっと不思議なのは、キンクスって、70年代あたりのアルバムを聴くと、演奏がものすごい下手なんですよ。一体これはどういう事だ…と思ったら、ドラムはボビー・グラハムなのか、そりゃそうですよね、このうまさはカレッジバンドに出せるとは思えないですもんね。ほかにも、曲によってジョン・ロードジミー・ペイジなんかも参加していた模様。そりゃいい演奏のアルバムになるわけですね。僕的マージ―ビートの代表アルバム、大好きです!!


スポンサーサイト



03 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS