FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Kinks / Arthur (Or the Decline and Fall of the British Empire)』

Kinks_Arthur.jpg キンクスのアルバム、僕はデビュー時のアルバム2枚の後はしばらく聴いていなくて、次に聴いたアルバムは1969年発表のこれでした。邦題は「アーサー、もしくは大英帝国の衰退ならびに滅亡」。アーサー王の物語かと思いきや、ここでいうアーサーとはキンクスのリーダーであるジョン・ダルトンの義兄の事で、アーサーさんは労働者階級の人。

 面白いのはこの物語で、イギリスの労働者階級の視点から物語が紡がれていきます。世界を支配したヨーロッパの連合国陣営でも、その国に住む労働者はというと、貧しく生きてたりするんだなあ、みたいな。僕は何度かイギリスに行った事がありますが、原爆を落とされて手ひどい敗戦を味わったアジアの国に住んでいるこの僕が「貧しい国なんだな」と思ったほどの寂れっぷりでした。労働者階級の人が住んでいる地域に入っていったら、労働者の人たちが住んでいそうなアパートがいっぱいあって、工場があって、「ああ、資本主義が進んだ国家では貧富の差がシャレにならないぐらい拡大してしまうんだな」みたいな。でも、あんまり締め付けると暴動が起きるから、暴動が起きない程度の保証だけして、そうすると「死なない程度に生かされている」みたいな貧困層が出来るのかも。そして、20年後にまさか総中産階級と言われた日本まで同じような状況になるとは、若い頃の僕には想像もつきませんでした。ローリング・ストーンズとキンクスは、イギリスの労働者階級の若者の叫びである点が重要な意味を持ってる気がします。その同胞意識がファンの共感を生んだ、みたいな。日本からこういうメッセージ性のある歌を歌うバンドやフォークシンガーが消えたのは、市民がクソ馬鹿な事と、尖ったことを言うとすぐ叩かれるという社会構造によるんでしょうね。

 音楽は…いかにも60年代のイギリスのビートバンドで、演奏が下手さがちょっときつい(^^;)。なるほど、デビューアルバムでギターを弾いていたのがジミーペイジだったという噂は本当かも知れないと思ってしまいました。音楽は、バンドの上にピアノやホーンセクションが後付けでダビングされている作りで、サージェント・ペパーズ以降のビートルズみたいでした。ビートルズのサージェント・ペパーズやストーンズのサタニックやスモールフェイセズのオグデンにも共通することですが、この時代のイギリスのビートバンドが作るコンセプト・アルバムって、ひとつひとつの曲や演奏のクオリティが低いな、みたいな(゚ω゚*)。そんなわけで、このアルバムは音楽より物語に注目して聴いた方が楽しめるアルバムかも。


スポンサーサイト



03 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS