FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Kinks / Lola versus Powerman and the Moneygoround, Part One』

Kinks_Lola versus Powerman and the Moneygoround, Part One キンクスが1970年に発表した10枚目のアルバムです。日本盤のタイトルは「ローラ対パワーマン、マネーゴーラウンド組第一回戦」…こういう長いアルバムタイトルをつけるところがキンクスのキンクスたるゆえんなんでしょうね(^^)。若いころの僕もひねくれたところがあったので、こういうセンスには共感できるものがありました。今では「ガキくさいな」とか思っちゃうんですけどね(^^)。。

 ところが、音楽はひねらず直球勝負でした。アコースティックなフォーク調の曲、バンド演奏の曲、ピアノやオルガンを導入したビートルズ的なポップ曲などがバランスよく混ざっていました。なにより、この前に発表した『アーサー王』の演奏のショボさとはうって変わって、演奏が安定していた所がよかったです。この安定感を支えているのはフォークギターと鍵盤楽器の演奏の良さと感じましたが、その部分がものすごくビートルズ的で、ビートルズのアルバムだと言われても信じてしまいそうなほど。

 でも、そんな普通に収まる性格でないのがはねっかえりの若造たちというもんです。このアルバムはキンクスのヴォーカルギターであるレイ・デイヴィスの自伝的な構成になっていて、バンドが売れてミュージシャンとして生きていけるようになったものの、音楽業界でトラブルに見舞われたり色々とあって、結論としては…みたいな。ああ~やっぱり一筋縄じゃ行かないんだな、キンクスはどこまでいってもキンクスでした(^^)。

 キンクスが自分たちで演奏したアルバムでは、僕はこれが一番好きなんですが、でもやっぱりこれは若い人が聴く音楽で、僕みたいな大人になった人間が聴くと青臭いというか、ね(^^;)。だから、いい音楽を聴くというよりも、こういう音楽を聴いていた頃を楽しむとか、自分にもこういう風に物事を感じていた頃があったと振り返って聴くとか、そんな風に聴かないと楽しめないのかもな、なーんて感じました。今の若い人がこの音楽を聴いて楽しく感じるとは思えないので、ある年齢層以上の人限定のご用達アルバムになるのかな?僕より20年ぐらい上の世代の人だと、僕らの世代よりさらにしっくりくる音楽なのかも。


スポンサーサイト



03 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS