FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(文芸・科学・哲学)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

小説『時の石』 栗本薫

Toki No Isi パンデミックで人類が滅びてしまう物語では、栗本薫さんが書いた「黴」という話も覚えています。子供のころ、栗本さん作の「グイン・サーガ」というヒロイック・ファンタジーとクトゥルフ神話が混じったよう長編小説が好きで、彼女の小説をむさぼるように読んでいた事があります。この本は、「黴」を含む栗本さんの短編小説集。僕がこれを読んだのは中学生。他に、「時の石」と「BURN~紫の炎~」という話も入ってました。最後の小説は完全にディープ・パープルですね(^^;)。そういえば、小説「グインサーガ」のあとがきで、栗本さんはキーボードを弾いていたとか書いてあったっけ。ブルーノートがまったく理解できなかったそうで。そうそう、僕が栗本さんを初めてみたのは、中島梓(栗本さんの別名)としてクイズ番組の「ヒントでピント」の女性チームのリーダーとして出演していた時でした。「ヒントでピント」、覚えてる人も少ないだろうな(^^;)。。

 「時の石」。ある石を握ると過去の幸福だったころの自分を思い出してしまい、色々と事件が起こります。主人公の友人は自殺し、学校の女教師もおかしくなって…みたいな。

 「黴」。黴が世界で大繁殖してしまって人類がほぼ滅亡。ただ、病院にいてアルコール消毒していた人など、一部だけが生き残って、新しい世界で生きていくという話。

 「BURN~紫の炎~」。これも世界滅亡もので、どうして滅んだんだっけな?覚えてません(^^;)。でも、様子の変わった世界の中で、わずかに生き残った主人公やほかの人がサバイバルしていくという話でした。たしか、ロボという犬が出てきて、生きるためにその犬に毒見係をさせていたら、羽が生えて飛ぶようになっちゃったんですよ(^^;)。

 栗本さんは器用な人で、SF小説でもホラーでもファンタジーでも推理小説でも何でも書いてしまう人で、子供の頃の僕にとっては栗本さんが書いたものはどれもこれも面白かったです。でも、今にして思えば、そのすべてが何かの小説の模倣のようで、しかも軽い内容。つまり、読み捨てる大衆小説を書く職業作家だったんですね。そういう小説なので、僕は人生のどこかで栗本さんを卒業しちゃいました。それでも読んでから30年以上たっても読み直さずにこれぐらい思い出せちゃうんですから、優れた職人だったんじゃないかと。


スポンサーサイト



03 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS