FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Beverly Kenney / Sings For Playboys』

Beverly Kenney Sings For Playboys ビヴァリー・ケニーは、短い生涯のうちにルーレット(Roost)とデッカというふたつのレーベルに所属していましたが、これはデッカ移籍第1弾、1958年発表です!僕はビヴァリー・ケニーの6枚のアルバムのうち4枚(+デモ音源1枚)を持ってるんですが、その中でベストを選べと言われたらこれかも。

 部分的にはグロッケンが入ったりしてましたが、基本的にオケはピアノとウッドベースだけ。そのピアノも思いっきり主張するわけでなく、あくまでヴォーカルをそっと支える感じで、ペアスケートのようにヴォーカルと一緒に音楽を織り込んでいきます。ああ、ザックリしたバンドの演奏の上に乗るんじゃなくて、こういう方が語るようにうたうケニーさんのヴォーカルが活きるわ、これは素晴らしい。。

 ヴォーカルを楽器のように使うヴォーカルも好きですが、やっぱり話すように生きた言葉として伝えられるヴォーカルが「うた」というもんだと思うんですよね。このしっとりとしたジャズとポップスの間ぐらいのヴォーカル、これは古き良きアメリカ最高のムードミュージックと思います。ビヴァリー・ケニーさんはジャズを聴かない人にはマイナーな存在かもしれませんが、むしろポップスを聴く人にこそ聞いて欲しいヴォーカルと思ってしまいます。大推薦!


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Beverly Kenney / Come Swing With Me』

Beverly Kenney Come Swing With Me ジョニー・スミスとのレコードはジャケットがものすごくぞんざいだったけど、こっちはジャケ買いしてしまうほどいい写真(^^)。ビヴァリー・ケニーが1956年に発表したアルバムです。これはウディ・ハーマン楽団で活躍したらしいラルフ・バーンズという人のアレンジ&指揮のビッグバンドをバックに歌ったアルバムです。

 ビヴァリー・ケニーさんはあいかわらず歌はうまいし声はかわいいけど、声を張れないんですね。バンドやスモールコンボ相手だったらなんてことないんでしょうが、ビッグバンドのフロントで歌うには声が負けちゃって、オケに対抗できません。オケのダイナミックレンジについていけないんですね。まあそのへんはオケもレコード会社も分かってるみたいで、ジャズ一色じゃなくて、アメリカのポピュラーオーケストラみたいな事をやってました。ディズニー映画の音楽みたいなアレンジまであったりして。ビヴァリー・ケニーさんの声が甘いので、レコード会社もポピュラー寄りの方面で考えてたのかも。

 悪くはないんだけど、残りの人生でこのレコードをもう一度聴くだけの時間があるかというとなさそうなので手放すのも致し方ないか…と思いつつ、LPで持ってるとジャケットがめっちゃいいんですよ。『sings for Johnny Smith』並みのそっけないジャケットだったら確実に手放してるんでしょうけど、う~んどうしよう。。


03 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS