FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Beverly Kenney ‎/ Snuggled On Your Shoulder』

Beverly Kenney Snuggled On Your Shoulder 1954年、ビヴァリー・ケニーがデビュー前に吹き込んだデモ音源です。という訳で、ピアノとヴォーカルのみ、歌を聴かせるための音源なので、ピアノも大したソロを取る事もなく、10曲ほどダダッと録音したものでした。

 そういうレコーディングなので1発録りと思うんですが、やっぱり歌がうまいです!うまいといってもテクニックをひけらかす感じじゃなくて、すごく丁寧、ヴィブラートもアーティキュレーションも綺麗でピッチもいいです。そして声が美声…というか、可愛らしい。曲は「Tea for two」とか「There Will Never Be Another You」とか有名な曲だらけだし、伴奏は最小限というわけで、歌の良し悪しが丸裸で分かるんですが、これは心がこもっていて良い歌だ、聞き惚れてしまいました。ビッグバンドとかやっつけ仕事みたいなカルテットと一緒にやるより、こっちの方がぜんぜん良いじゃん。

 プロのプレイヤーは大体そういうと思うんですが、楽器って少なければ少ないほど表現が前に来て良いんですよね。テクニックをひけらかすでもなく、けっこうスコア通りに唄ってるのに、本当にちょっとした表現と繊細に丁寧に歌いこむ事でここまで心に響いてしまう…。デモ音源とはいえ、ビヴァリー・ケニーが残した6枚のリーダー・アルバムと比べてもそん色ないどころか、本当の肉声といった感じで、商業作品以上と言ってもいいアルバムじゃないかと思います。これ、マジで素晴らしいです!


スポンサーサイト



03 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS