FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 映画   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

映画『オーメン』 リチャード・ドナー監督、グレゴリー・ペック主演

Omen.jpg 1976年制作のオカルト映画の大傑作『オーメン』です。僕的にはホラー・オカルト系の映画は『サスペリア』と『オーメン』さえあればあとはいらないというほどの大傑作!初めて見たのは公開時ではなく、レンタルビデオ屋が広まったころで、中学2~3年ぐらい。ムッチャクチャ怖かったんですが、怖さ以上に映画の面白さに引きつけられました。そうそう、「omen」の意味は「前兆」だそうです。

 アメリカの外交官である主人公は、子供の死産にあたって、病院の神父から「いま子供を産んで死んだ母親がいるから、この子供を自分の子として育ててはどうか」と言われます。この提案を妻に内緒で受け入れ、子供にダミアンという名をつけて育てる外交官。美しい妻との幸せな日が続きますが、ダミアンの成長にしたがって奇怪な事件が起き始めます。ダミアンの乳母が首つり自殺をし、ダミアンの母を知っているという神父が不吉な忠告をしたあとに、十字架に串刺しとなって死にます。
 外交官付きのカメラマンは、不吉な前兆を示す写真を何枚も撮り、それを外交官に見せます。写真には、乳母にも神父にも死の予兆が写っていたのでした。そして、カメラマンにも死の前兆が。カメラマンとともにダミアンの秘密を探る外交官。すると…


 僕が中学生の頃はすでに「スプラッター」とか、より過激なホラー映画が出始めていたんですが、首が飛ぶとか血が噴き出すとかいうホラー映画はびっくりするだけで、映画としては低レベルに感じていたんですよね。ところが『オーメン』と『サスペリア』は違いました。どちらも当時ですら既に古典でしたが、精神的に来る恐怖だったんです。しかも、オーメンは新約聖書の黙示文書と関連づけられている話なので、話にも深さを感じたのです。そして、聖書の黙示文書を読んだり、映画の続編を見たりと、すごくのめり込みました(^^)。ああいう刺激や興奮って、もう人生には起きないんだろうなあ。。

 精神的な恐怖の例としては、ラストシーン。悪魔の子ダミアンはまだ小さい男の子で、次々に起こる不吉な事件がダミアンと関係あるのか分かりません。ダミアン自身じゃなく、彼を守ろうとしている悪魔たちの力がそうしているのか…そういうはっきりしない状態が続くのです。でもラストシーンで、育ての重症を負わせ、さらに父親も死んだというのに、ダミアンはあどけなく笑うんですよ。その笑顔ひとつで「こいつは悪魔だ」とゾクッと来てしまいました。こういう優れた演出が満載なのです。こういうのを見てしまうと、血がドバっと出て脅かすホラー映画なんて子供だましでしかないな、と思うようになりましたねー。

 そして、この話に深みを出していると感じたのが、最後に映し出される新約聖書の黙示文書の一節です。あまりに意味深で、その引用が「13章18節」だと覚えてしまったほど。「ここに智慧あり。賢明なるものは獣の数を数えよ。それは人間を示し、その数は666である」みたいな文書でしたが(映画の中ではダミアンの体に666という数字の痣がある)、これでこの映画が単なるファンタジー映画ではないように感じてしまったのです…中学生はあほだね(^^;)。で、そんなアホな中学生だった僕は、この一節の理由を求めて新約聖書の黙示文書を読んでしまうぐらいに感化されたのでした。この一節、意味深ですよね。いまだにこの文書の解釈には諸説あるそうなんですが、これをカバラの数秘術で読み解くと皇帝ネロのことを示すことになって、この説が有力なんだそうです。なるほど、「その獣は人間の数だ」とはそういう意味か…。

 好きすぎてあまりに何度も観たもんだから、今となっては怖いとはほとんど思わなくなって、ただひたすらに面白い(^^)。。出演のグレゴリー・ペックやキャサリン・ソーン(瞳孔を見開く演技が凄い!)の演技もすごいし、監督のリチャード・ドナーさんの映画はあまり見てないにもかかわらず、わずかに見た『オーメン』と『スーパーマン』がどちらも大傑作。70年代アメリカ映画の大傑作のひとつだと思います!


Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ジョスカン・デ・プレ:スターバト・マーテル ~モテット集 ヘレヴェッヘ、シャペル・ロワイヤル』

josquin desprez _stabat mater_La chapelle royale バロックの合唱音楽を主に扱ってきたフィリップ・ヘレヴェッヘの指揮、シャペル・ロワイヤルの混声合唱による、ジョスカン・デ・プレ作品集です。ミサ曲に惹かれてヒリアード・アンサンブルによるジョスカン作品集を買ったのに対して、こちらはジョスカン・デ・プレの超人気作「アヴェ・マリア」が入っている事で手にしたのでした(^^)。

 「アヴェ・マリア」もジョスカンが開発した通模倣様式という作曲技法によって書かれた曲なんだそうです。とはいえ、最初は同度のカノンで始まっているので、途中がそうという事なのかな?上声2つと下声2つが対話のように絡みながら模倣して、途中と最後がホモフォニー。そして、詩編を読んでいて、4声がバラバラに動いているのに、詩が綺麗に聴こえる!これぞポリフォニーの魔術、すげえなあ…。他にも通模倣様式で書かれた曲が入っていて、「めでたし女王、あわれみ深きみ母」グレゴリオ聖歌のアンティフォナの旋律を使った通模倣様式「めでたし、いと高貴なる創造」定旋律を使いつつ、他の5声が模倣

 「スターバト・マーテル」(悲しみの聖母)は、カトリックの聖歌の詞を使った宗教曲で、この詩を使った音楽は数えきれないほどたくさんの人が作曲してますが、僕が今まで聴いたこの詩編の作曲者は、ジョスカンのほか、パレストリーナ、ペルト、ペンデレツキあたり。マリア信仰って、東洋に住んでると分からないけど、キリスト教圏ではすごく浸透してるらしいですしね。詩はかなり悲しかったですが(キリストが打ち捨てられて…みたいな)、ジョスカン作曲の音楽は救われるような美しさ。途中で短調に変化するところがありましたが、そこは詩に合わせてそうしてるんでしょうね。

 ヒリアードと比較しやすかったのは、どちらのCDにも入っていた「神よ、憐れみたまえ」。ヒリアードのシンクロ具合の凄さは前回書きましたが、でもシャペル・ロワイヤルの混声合唱の方が、あくまで宗教曲としてちゃんとあつかえてる気がしました。言葉をすごく大事にして、言葉が通るようにアンサンブルを組みあげてる感じ。実に素晴らしい合唱でした!録音も、こっちの方が中域が分厚くてあったかい感じかな?ヒリアードの合唱と録音はとてつもなく素晴らしいけど、言葉より音楽的に綺麗である事を優先してるみたいで、どこか冷たいヒーリング・ミュージックみたいに感じちゃうんですよね(^^;)。
 いや~ジョスカン・デ・プレがフランドル楽派の代表的作曲家にあげられるのが分かった気がします。同じ様式でもこれだけ多様な構造を作って、しかもどれも完成度が見事。それでいて、技巧的な音楽かというと、どこまでも響きが美しく、しかも扱っている聖歌の詩編の言葉が明瞭に聴こえるというのがすごい。デュファイラッススパレストリーナもそうですが、ルネサンス時代の名の通った作曲家の技術は天才的だと言わざるを得ない、聴いていて溜息しか出てきませんでした。すばらしい。。


Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ジョスカン・デ・プレ:ミサとモテトゥス ヒリアード・アンサンブル』

josquin desprez_hilliard ensemble ルネサンス音楽フランドル楽派の作曲家では、オケゲムラッススを紹介した事がありましたが、切り札はやっぱりジョスカン・デ・プレかも。なんといっても名前がカッコいいしね(^^)。これは、ヒリアード・アンサンブルによるジョスカン・デ・プレ作品集。収録は以下の通りでした。

(ジョスカン・デ・プレ)
・ミサ・エルクレス・ドゥクス・フェラリエ
・モテトゥス「天にましますわれらの父よ/めでたし、めぐみに満てるマリア」
・モテトゥス「神よ、われを憐れみたまえ」
・モテトゥス「御身のみ、奇跡をなす者」
(ニコラ・ゴンベール?)
・モテトゥス「ダビデはアブサロンの事を嘆き悲しみぬ」

 僕は、ヒリアード・アンサンブルの過度にアーティキュレーションをつけた合唱が、アーリーミュージックを聴く時に演出過多に感じてしまう時があるんですが、それでもこのピッチもタイミングもビッタリ合ったアンサンブルの完成度は鳥肌ものだと改めて思ってしまいました。いやあ、これはすごいよ。。

 僕的なこのCDの一番のお目当ては、ジョスカンのミサ曲でした。ルネサンス時代の作曲家にとって、ミサ曲は一番の大仕事だと思うんですよね。このCDに入っていたミサ「エルクレス・ドゥクス・フェラリエ」は、定旋律ミサでもパラフレーズミサでもなく、ジョスカンのオリジナルなミサ曲だったのもポイント高し。やっぱり、定旋律ミサだと、作曲というよりアレンジの技術という気がしちゃいますからね(^^)。そしてこれがめっちゃ素晴らしい完成度!4声なんですが、一口にポリフォニーといっても、単声から始まってカノン状になるもの、コンドゥクテュスのように多声ではあるけどリズムが一定で始まるもの、などなど、実にバラエティ豊か。それでいて技巧的な曲かというと、そこよりもなんとも清廉な音楽に仕上がっていて、心を奪われてしまいました。う~ん、これは素晴らしい。。
 
 モテトゥス「天にましますわれらの父よ/めでたし、めぐみに満てるマリア」モテトゥスというと、宗教音楽ではあるけれど世俗ポリフォニーという事で、僕は軽く見てしまいがちなんですが、これはジョスカン本人が自分の葬式で聖歌隊に歌ってほしいといったもの。曲も2部から出来ている6声(!)で、その厳かな雰囲気と重層構造に圧倒されてしまいました。ふたグループのポリフォニーが、またそれぞれを相手にしてポリフォニー化してるような構造なんですよ!いやあ、これは凄すぎる…。

 「ダビデはアブサロンの事を嘆き悲しみぬ」。ゴンベール作と書いてるモテトゥスがなんでこのCDに入ってるのか…と思ったんですが、どうもジョスカン作という説もある曲なんだそうで。メインになるソロのメロディに、2~3声ぐらいの模倣部分がいくつか続いて…みたいに、普通のカノン状のポリフォニーとは趣が違う技法だなと思ったんですが、なんでも「通模倣様式」というそうで、ジョスカンが開発した作曲技法なんだそうです。いや~これも素晴らしい、作曲技術も天才的なら、頭でっかちじゃなくてサウンドも素晴らしい、本当にすばらしい。。

 「神よ、われを憐れみたまえ」は、モテトゥスと言いつつ19分近い!そして構造がすごかった。。全体は3部に分かれていて、第4声部がずっと同じ旋律しか歌いません。これが1部ではだんだん下降して終わり。第2部ではだんだん上昇して終わり。第3部ではまた下降して…みたいな感じで、これに他の声部が絡んで見事なポリフォニーが編まれてました。よくもまあこういう構造を思いつけるもんです、すげえ。しかも美しい。

 「御身のみ、奇跡をなす者」、これは唯一ポリフォニーではなくホモフォニーで書かれていました。

 10曲中9曲がポリフォニーでしたが、同じポリフォニーでもこれだけ多様な構造を作れることに驚き。やっぱりルネサンス期の作曲家って、みんな恐ろしく頭が良かったんじゃないかと思ってしまいます。必須科目として数学と幾何学を修めていたとか、何か理由があるのかも。そして、さすがはフランドル楽派の切り札ジョスカン・デ・プレ、今の職業作曲家と違って、どの作品にも挑戦があるのがすごい。宗教音楽なので、楽理的な挑戦をしなくても良い気もするのですが、そうしなかった事がいまだに時代を代表する作曲家として語り継がれてる理由なんでhそうね。素晴らしかったです!!


Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『オケゲム:ミサ曲《ド・プリュ・ザン・プリュ》《オ・トラヴァイユ・シュイ》他 ピーター・フィリップス指揮、タリス・スコラーズ』

Ockeghem_Tallis Scholars_Peter Phillips ルネサンス期フランドル楽派の作曲オケゲムのミサ曲を収録したCDです!な~んていいつつ、バンショワのシャンソン曲なども入ってました。収録は、以下の通りでした。

(ジル・ド・バン・ディ・バンショワ作曲)
・シャンソン《いつまでもやはり》

(ヨハンネス・オケゲム作曲)
・シャンソン《私が悩んでいる事を》
・ミサ曲《ド・プリュ・ザン・プリュ》
・ミサ曲《オ・トラヴァイユ・シュイ》

 なんでこういう構成かというと、2曲のシャンソンが2つのミサ曲の土台になってるから、との事。なるほど~、これは素晴らしい企画(^^)。

 ルネサンス音楽は、ザックリ分けるとブルゴーニュ楽派、フランドル楽派、ローマ楽派に分かれますが、バンショワはダンスタブルデュファイに並ぶブルゴーニュ楽派の大有名作曲家です。とはいえ、このCDに入っていたバンショワの作品は4分ほどのシャンソン1曲だけ。でもその4分が入れ子細工のように実に綺麗に編み上げられたポリフォニー!いやあ、ルネサンス時代の作曲家さんって、揃って天才ぞろいだったんじゃないかと思ってしまいます。。

 一方のオケゲムは、ラッススやジョスカン・デ・プレに並ぶフランドル楽派の代表的作曲家です。特にオケゲムは発明家的な才能があって、カノンの中に拡大・反行・逆行という、後のシェーンベルクが参考にした書法を開発。西洋の線の音楽の基礎を作ったひとりです。オケゲムはフランス王室音楽家だったというだけでなく、王室直属のサン・マルタン修道院の財務官を務めたり、外交もしたという、いかにもマルチなルネサンス時代の人。残された作品が多くないのも、音楽だけやってたわけではないというのが少なからずあったんじゃないかと。オケゲムの全作品はミサ曲14曲(うち1曲は未完成)、レクイエム1曲、モテトゥス9曲、シャンソン22曲なので、コンプリートしようと思えばできるかも…しないけどね(^^)。
 このCDに入っていた2曲のミサ曲は、どちらも世俗曲の旋律を用いて作ったものでした。当時は今みたいな著作権的な概念はなかったんですね。まあでも本当にすごいのは旋律ひとつじゃなくてそれをポリフォニー化して巨大構造を作り上げる技術のほうですし、そこはそこまで重要ではないでしょうし。そしてまず、ミサ曲《オ・トラヴァイユ・シュイ》の定旋律の元になっているシャンソン《私が悩んでいる事を》がむっちゃくちゃ見事!このメロディライン、どこかで聴いた事があるんですが、どこだったかな…。

 ピーター・フィリップス指揮、タリス・スコラーズはルネサンス音楽を専門に演奏する声楽グループというだけあって、コーラスがむっちゃくちゃ綺麗!ルネサンス時代のポリフォニー音楽ってなかなか込み合った構造をしてるので、こんなにすっきり響かせるのは実は至難の技なんじゃないかと思うんですが、すごいです。


Category: アート・本・映画 etc. > テレビ番組   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

TV番組『ドリフ大爆笑』

DorifuDaibakushou.jpg 志村けんと加藤茶を擁するドリフターズのコント番組『8時だョ!全員集合』にあれほど夢中になった幼少時の僕だったのに、小学3年生あたりになると、プロ野球、プロレス、音楽に映画など、もう少し対象年齢の高いものに惹かれ始めました。さらに裏番組で『オレたちひょうきん族』が始まると、全員集合を次第に見なくなってしまいました。成長期だから、「子供っぽい」ものを見てると、仲間内ではずされるという事もあったんですよね。。
 でもそれでドリフや志村けんを観なくなったかというとそうでもなく、月1ぐらいのペースで放映されていた『ドリフ大爆笑』を楽しく見ていました。「ドリフ大爆笑」は全員集合より対象年齢が高いというか、大人も子供も楽しめる内容。「全員集合」の生放送と違い、スタジオ収録のコント番組でした。僕の記憶ではコントだけだったのですが、調べてみると歌のコーナーもあったんですね。

 みじかめのコントの連続だし、なにせ観ていたのが小学校高学年から中学ぐらいだったので、大笑いしたけど記憶に残っているのはほんのわずか。それでも面白すぎていまだに忘れられないコントがいくつもあります。

DorifuDaibakushou_Kaidanochi.jpg■階段落ち
 一番面白かったのは、時代劇の撮影での、カトちゃんの階段落ちコント。いちいち見得を切ったり、カメラ目線でっちょっと笑顔を作ったり(^^)。僕が人生で一番笑わされたコントってこれじゃないかと思います。カトちゃん面白すぎ(^^)。

■「もしも」コーナーの屋台ラーメン編
 ドリフ大爆笑には「もしもこんな~があったら」という名作コーナーがありました。いかりや長介がテーマになっている店に入ると、ドリフのメンバーが店主でなにかやらかして、最後は「だめだこりゃ」で締めます。この時、メンバー4人がそれぞれのキャラをいかした落ちを作るんですが、高木ブーはだいたい出オチなんですよね(^^)。そんなブーさんの出オチでいちばん覚えているのが、屋台ラーメン編でした。長さんが屋台ラーメンに入ったら、店主のブーが湯沸かし鍋に浸かっていて「いらっしゃい」。終わりです(^^)。
 小学生だった僕は、このコントの意味が分からなかったんですよね。で、「これの何が面白いんだよ」な~んて言ったんですが、一緒に観て爆笑していた兄が解説してくれて、「要するに、豚の出汁をとってるんだろ」と。あ、なるほど…ドリフのコントって、あまり考えずに笑えるスラップスティックが多かったですが、こういうちょっと考えた後にクスッと来る笑いもたまにあって、僕はそういうのも好きでした。

DorifuDaibakushou_MusasiKojiro.jpg■武蔵と小次郎
 中学生の時、友達のSくんと「ドリフ大爆笑は親と見てると気まずくなる時があるよな」な~んて話をしたことがありました。女が裸になるちょっとエッチなネタがたまにあるんですよね。お色気ネタで面白かったのが、武蔵vs小次郎。
 テレビ番組の中で、武蔵と小次郎が対決しています。しかし、テレビを見ている女が服を脱ぎ始めると、テレビの中の武蔵と小次郎が「え?なに、脱いじゃうの?」と、テレビのこちら側に目が釘付け(^^;)。いや~これは面白かった、大爆笑でした。今だと、民放のゴールデンタイムに女のおっぱいを出すのはNGなんでしょうが、昔はおおらかだったんですね。

■卒業式
 昔は、卒業式になると不良が教師を体育館裏に呼びつけて暴行する、な~んて事がよくあったそうです。不良生徒4人が教師のいかりやを呼びつけて、「ほら、財布出せよ」「服脱げよ」と暴行したところ、服を脱いだいかりやの背中にはものすごい入れ墨が(^^;)。こういう不謹慎なネタをコントにしてしまうドリフは良かったなあ(^^)。

■月光仮面
 月光仮面がバイクに乗っていると、スピード違反で捕まる(^^)。

■宇宙船
 逆さづりの状態で、カメラを180度回転させて、無重力の宇宙船を表現。その状態で飲み物を飲もうとしたりするわけです(^^)。馬鹿すぎる。

■戦争コント
 戦場の部隊が点呼を取ります。いかりや「番号!」、ブー「1!」、仲本「2!」、カトちゃん「の」、志村「3!」。。

■不治の病
 余命1年の青年仲本工事が、恋人からの手紙を燃やそうとするが、マッチが湿気っていてつかない。。

 あまり覚えていないと言いつつ、思い出し始めるとけっこう思い出せるもんですね。他にも、剣の達人の長さんを後ろから本気でたたく道場コントや、タイガーマスクのネタ、サウナのネタなんかもあったなあ。そうそう、ドリフがバンド演奏をするネタは、笑うと同時にみんな演奏がうまいと思いました。クレイジーキャッツのあと枠だったんでしょうね、きっと最初は。
 コント番組は、ドリフのあともダウンタウンやナインティナインが作りましたが、ドリフが作った「8時だョ!全員集合」と「ドリフ大爆笑」を超えるコント番組に、僕は出会った事がありません。本当によく笑わせてもらいました。あらためて、志村けんさんのご冥福をお祈りします。


04 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS