FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Pat Martino / Strings!』

Pat Martino_Strings デビューアルバム『El Hombre』と同じ1967年に発表された、パット・マルティーノのセカンド・アルバムです。サックスとピアノを含むクインテットで全5曲。1曲だけラテンパーカッションが入っていました。

 最初と最後がラテンジャズ調なので、アルバム全体の印象はラテン・ジャズ調で、しかも軽く感じました。モントゥーノっぽいところがありますし、1曲目「Strings」に至っては実際にラテン・パーカッションが参加してましたし。やっぱり、デビュー当時のパット・マルティーノは、プレスティッジからしたらクラブ・ジャズ方面のアーティストとして売ろうとしていたんじゃないかなあ。
 ところが実際には熱く燃え上がる曲と演奏が真ん中にドカンとあって、これが良かった!2曲目「Minority」や3曲目「Lean Years」はアドリブがビシバシ入るアップテンポでアグレッシブなナンバーでした。表現も難しい楽理も追求せず、シンプルな循環コードの上をシンプルに熱く疾走、これが最高にカッコいい!!こういう難しくせずに、アドリブの熱さだけを伝えようとするジャズって、60年代にあったじゃないですか。フュージョンとは違うけど、パーカーマイルスコルトレーンと続いてきたジャズともちょっと違う、みたいな。あの雰囲気です。

 和声づけは完全にピアノに任せているので、バンドはサックスとギターとピアノのアンサンブルというより、2管セクステットのよう。しかもソロ・オーダーの1番手がマルティーノではなくサックスなので、まるでサックスのジョー・ファレルのリーダーバンドみたい(^^)。それにしても「Lean Years」ではなかなか登場しないマルティーノですが、いざ自分のコーラスになるとアドリブソロがすげえ…ほとんど単旋律なんですけど、それでここまでのめり込まされるジャズギターを体験したのは、マルティーノさんの他ではジミー・レイニーぐらいしか思い出せません。ギターをちょっと弾いて真似してみましたが、16分音符の連続を切れ目なくここまで演奏できる思考回路が理解できません、途中で僕はどうやったって考えて止まっちゃう、指だけでなく頭が追い付かなかったです(^^;)。またこんなに正確なリズムではとても弾けない…。ウェス・モンゴメリーもそうですが、ジャズ・ギタリストって独特にスクエアなリズム感を持った人が多いと感じます。メカニカルに考えないととても演奏できる楽器ではない、という事なのかも。

 デビュー時のマルティーノさんはプレスティッジから5枚のアルバムを連発して出しました。僕にとっては、最高にお気に入りのミュージシャンというわけでもないけど、でも1~2枚聴いたらもういいやという人でもなく、中古屋で見つけるたびに買っていたら、プレスティッジの5作全部をコンプリートしていたのでした。プレスティッジ時代のマルティーノは、どのアルバムも聴くのは音楽よりもギターのアドリブで、「ギターでフルピッキングのアドリブでこれはすげえ…」なーんて聴いているうちに、あっという間に時間が過ぎちゃうんです。…好きなんですね、やっぱり(^^)。


スポンサーサイト



04 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS