FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

アン・ルイス EP『六本木心中』 『天使よ故郷を見よ』

AnnLouis_RoppongiSinjyu.jpg エロかっこいい日本人女性ヴォーカリスト、次はアン・ルイス!ひとつ前の日記で紹介したバービーボーイズの杏子さんはよりエロさに寄った人の感じがしましたが、アン・ルイスさんはよりカッコいい方に寄った感じ。とくに、一時期ロックっぽい歌謡曲をやってた頃の曲はかっこよかった!「六本木心中」も「天使よ故郷を見よ」もすごく好きで、こんなにカッコいいロック歌謡もないだろうと思うほど。今でもカラオケでたまに歌います…いつも高い声がまったく出ないけど(^^;)。

 この二枚のシングル曲はどちらもアン・ルイスが80年代に発表したものです。「六本木心中」は矢沢永吉のバックバンドだったメンバーが作ったNOBODY作曲、「天使よ故郷を見よ」はEARTHSHAKERが作った曲で、つまりどちらもロック路線。アン・ルイスさんって最初は平尾昌晃さんや山下達郎さんあたりの曲を歌っていたので、けっこう芸能界寄りでプロダクション主導型の売り方だったと思うんですが、「ラ・セゾン」あたりでロック調にイメージチェンジして、レコード会社主導型の売り方に変わったように感じました。僕はこのロック路線の曲が好きでした。

AnnLouis_TensiyoKokyouwoMiyo.jpg 詞がちょっとエロくて,同時にどこか刹那的。エロさでいうと、「長いまつげが卑猥ねあなた」「この歓びは男には分からない」。刹那さでいうと「未来捨てても構わない」などなど。
 こういう自暴自棄で、いけないと思いながら流されてその瞬間だけを生きる感じが、若いころの自分にとっては他人事には思えずに心に刺さりました。夜の店でピアノ弾いて家賃と食費の他は何も残らない程度のギャラで働いて、「こんな事やってちゃ夢はどんどん遠のいてしまう…」と思いながら、ピアノを練習する時間も作曲する時間もぜんぜん足りなくて、店に働いていた女の子と同棲して、また夜になるとキャバレーに演奏しに行って…みたいな、寂寞とした流されるばかりの自分の青春と重なって泣けてしまうんです。何かを目指して生きた人なら、若い頃にみんな味わうだろうこういう刹那さが、そのまま歌になったような曲なんじゃないかなあ。

 というわけで、僕はこの2曲の詞と曲はすごく好きなんですけど、今回久々に書いていて気づいたのは、もしかするとアン・ルイスさんをエロかっこいいと思ってたんじゃなくて、彼女が歌ったロック路線の曲の曲想や歌詞がエロカッコよかったのかも。アーティスト・イメージというやつですね。だって、アン・ルイスさん自体は何となく年取ったら太りそうだと思ってましたし、どこか下品に感じていて、こういう人って年を取ったら「あんた、帰りに大根買ってきて!」とかいっちゃうおばさんになりそうな気がしてましたし(^^;)。あ、これはあくまで僕の想像の中での話で、実際にはすごくいい方だときいた事があります。


スポンサーサイト



05 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS