FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲集 ムローヴァ(vln)、ムローヴァ・アンサンブル』

Bach_ViolinConcertos_Mullova_MullovaEnsemble.jpg ヴァイオリンのヴィクトリア・ムローヴァによる、大バッハのヴァイオリン協奏曲集です!バロックの頃の協奏曲は、古典派以降と違って、オケの人数がけっこう少なくて室内楽的。このCDの場合、オケは7人で(ヴァイオリン×2、ヴィオラ、チェロ、コンバス、バスーン、チェンバロ)、これはこの楽曲を演奏する最小編成ぐらいのサイズじゃないかと。収録曲は、以下の通り。

・ヴァイオリン協奏曲第1番 (BWV1041)
・ヴァイオリン協奏曲第2番 (BWV1042)
・ヴァイオリン協奏曲 ト短調 (BWV1056)
・オーボエとヴァイオリンのための協奏曲 (BWV1060)

 あら?バッハのヴァイオリン協奏曲って、1番と2番だけじゃなかったっけ?と思ったら、このCD の解説に答えが書いてありました。BWV1056はチェンバロ協奏曲5番として知られていますが、実はチェンバロ用ヘ短調の形が知られているだけで、あとは何の楽器のための協奏曲かはっきりしていないんだそうです。でも、学者の研究で、どうも大元はヴァイオリン用だったんじゃないか、との事だそうで。BWV1060は2台チェンバロの協奏曲として知られていますが、昔の研究では2台ヴァイオリンが元だったと考えられ、さらに最近の研究でヴァイオリンとオーボエの演奏が元だったんじゃないかと思われているそうです。というわけで、このCDは2つのヴァイオリン協奏曲+αが聴けるわけですね。これはいいものを手にしたぞ(^^)。

 ヴァイオリン協奏曲の1番と2番はどちらも3楽章なんですが、これが対照的で、第1番は短長短という調性で、第2番はその逆の長短長。しかも長調と短調の関係が平行調なので、3曲合わせてひとつという感じでウツクシイ(^^)。そして、ロマン派協奏曲に慣れてしまった僕は、バロックの協奏曲はなおさら美しさが強調されて感じます。主張しあう協奏曲じゃなくて協調しあう室内楽曲に聴こえて、アンサンブルが美しいんですよね。。
 BWV1056ヴァイオリン協奏曲も3楽章制。なるほど、トリルの運指がヴァイオリンっぽいから元曲がヴァイオリンだったんじゃないかという事なのかな?この推測はきっとBWV1060にも当てはまって、ヴァイオリンの運指に合わないから1台がオーボエだったんじゃないか、みたいになった気がします。そうそう、1060のオーボイストはフランソワ・ルルー、なんという軽やかなオーボエ演奏か!いつかこの人のCDを取りあげた事がありましたが、やっぱりいいですね~(^^)。

 演奏は、アンサンブルが相当に綺麗!ガシガシ行かずに、調和している感じ。そしてヴァイオリンは、バロックにしてはけっこう歌わせてる感じでした。時としてカウンターラインを綺麗に作るコンバスがしっかり出ていて、一方でチェンバロの音が控えめなので、弦楽感が強かったです。ああ~これはいいなあ。。


スポンサーサイト



05 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS