FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Miles Davis / Birth of the Cool』

Miles Davis_Birth of the Cool 邦題は『クールの誕生』、1949~50年に録音された、マイルス・デイビスの有名なレコードです!これがマイルス・デイビス名義での初アルバム…のはず。歯切れが悪いのは、このレコード、もともとは『Miles Davis / Classics in Jazz』というタイトルの8曲入り10インチ盤だったから。これが米キャピトル盤は3曲追加11曲入り(日本盤は4曲追加12曲入り)12インチ盤となっての登場という経緯があるそうです。

 「クール」とありますが、個人的な印象は「ワーム」で、すごくあったかく心地よい音楽、これが独特の温かみがあってよかった!!はじめてこのレコードを聴いた時、まだこういう音楽を体験したことがなかったもんで、独特な魅力を感じたのを覚えています。
 そして、ホーンライティングが粋でした!このレコードは3つのセッションを合わせて編集されたもので、どれも8重奏~9重奏と大きめの編成。ここでのホーンライティングや、熱しすぎず心地よく流れるムードなどをひっくるめて思い出したのが、ジェリー・マリガン・カルテットの音楽でした。ほら、チェット・ベイカーとの2管でピアノレスの有名なレコードあるじゃないですか。ムードがあれとそっくりなんですよ!でもって、たしかにジェリー・マリガンも参加してるんですよね、このレコード。というわけで、久々に聴いて最初に思ったのは、「これはホーンライティングやヴォイシングの勉強会をやったセッションだったんじゃないかな」という事でした。9重奏なのに、スモールコンボのようにきれいに響くんですよね。このホーンライティングの技術がウディ・ハーマン級の素晴らしさでした。

 3つのセッションすべてに参加しているのは、マイルスのほか、ジェリー・マリガン(バリトン・サックス)とリー・コニッツ(アルト・サックス)、ジョン・バーバー(チューバ)。2つのセッションに参加しているのはMJQのジョン・ルイス(ピアノ)。あと、アレンジャーとしてギル・エヴァンスやガンサー・シュラーも参加していたみたいです…やっぱりこれ、若手ミュージシャンのジャズ・アレンジの勉強会だったんじゃないかな(^^)。

 いまではこういう50年代初頭のウエストコースト・ジャズ風のサウンドって、歴史の中に埋もれてしまいましたが、でも50年代初頭の合衆国の東海岸や西海岸の都市部って、とんでもなく幸福な地域だったと思うんですよね。労働者もスーツ着てカッコいい帽子かぶって摩天楼の中を颯爽と歩いて、夜になるとジャズクラブに行ったり映画を観たりデートしたり、家族がいればディナーを楽しんだり、ラジオもテレビも面白くて、景気も良くて…みたいな。子供や青年はポップス聴いてたかもしれませんが、当時は大人のための文化もちゃんと残っていて、音楽で言えばそのひとつがジャズ。ジャズだって大衆文化には違いありませんが、それでも今みたいに「スター・ウォーズ」みたいなガキくさいものを大人が見るなんてところまで落ちていなかったと思うんですよね。大衆文化なりにも大人のラインを持っていた、みたいな。そういう大人文化の空気を感じる心地よい音楽でした。もろに自分の趣味というわけではないのに、妙に好きなんです、このレコード(^^)。


スポンサーサイト



05 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS