FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Miles Davis All Stars / Walkin'』

Miles Davis All Stars Walkin 1954年録音、プレスティッジから発表されたマイルス・デイヴィスのリーダー作です。僕がこのアルバムをはじめて聴いたのは高校生の時でしたが、ロックと違ってジャケットが大人だなあと感じ、これから自分は知らない大人の文化の中に入っていくんだとワクワクしたものでした(^^)。そうそう、マイルスには『Workin’』という名のアルバムもあるので、気をつけろ!

 1曲目は、以降のマイルスのライブでの定番曲となる「Walkin'」ですが、テンポはライブでの超速とちがってミドルテンポの心地よい感じ。この曲、それぞれの楽器がクリアに録音されていて、「あ、いい音だな」と思ったんです。ウッドベースがアンプを通さずにピチカートで「ボン、ボン、ボン…」と心地よい低音を出して、ドラムはライドもハイハットもぶ厚い音で鳴っていて、ピアノもちゃんとすべての音が明瞭に聴こえて、音も鉄板エコーかルーム・エコーのような音で、すごくふくよか。曲がどうとか、ソロがどうというんじゃなくて、若い頃の僕はこの音にやられたのでした。僕が持っているのはLPで、CDを聴いた事があるわけじゃないんですが、ジャケットのカッコよさと言い、この音といい、これはLPで買うべきアルバムじゃないかと。50年代のハードバップのジャズ録音の音が好きなレコード・コレクターの人って少なくないと思うんですが、これは「50年代ジャズ的な良い音」の代表格じゃないかなあ。実際にはこんな風にライブで音が鳴るわけはないのでライブ再現というレコード芸術ではなく、オーディオによるオーディオ観賞のための録音という感じですが、これが「ジャズのレコードの録音」というひとつのフォームを作ったんじゃないかと。

 音楽は、テーマとアドリブという典型的なハードバップ・セッションでした。ソロでびっくりしたのは、B面に入っているデイヴ・シルドクラウト Davey Schildkraut というアルト・サックス。なんだこれ、サウンドはアート・ペッパースタン・ゲッツみたいなウエストコーストなサブトーンで、しかも「Solar」や「Lome or leave me」のソロなんて短いけどすごくうまい。。このアルト奏者、僕は全然知らなかったんですが、スタン・ケントン楽団にいた白人奏者みたいです。

 マイルスはこのアルバムからコンスタントにアルバムを発表するようになり、モダン・ジャズ最大のスターへの階段を上っていきました。プレスティッジ時代のマイルスというと『Bag's Groove』やマラソン・セッションの4枚が有名ですが、僕はこのアルバムが一番好きです(^^)。


スポンサーサイト



05 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS