FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Miles Davis / Bags' Groove』

Miles Davis Bags Groove 『Walkin'』に続いてこれも54年録音、そしてこれも50年代初期のハードバップ時代のマイルス・デイビスの名盤として名高い1枚です。マイルスがセロニアス・モンクミルト・ジャクソンソニー・ロリンズと演奏しているのが、プロレス的なマッチメイクの意味で魅力的だったんでしょう(^^)。1954年の6月29日と12月24日の2回のセッションを収録、特に12月の方は「クリスマス・セッション」なんて呼ばれています。僕が持っているのはLPですが、LPだと5曲7テイクが収録されていました。

 まずは、A面の2テイク収録の「Bag's Groove」。これはクリスマスセッションの録音で、メンバーはMiles Davis (tp), Milt Jackson (vib), Thelonius Monk (p), Percy Heath (b), Kenny Clarke (dr)。マイルスとモンクの共演を看板にして、MJQのリズム・セクションを借りてきた格好です。テーマを演奏して、ソロをマイルス、ミルト・ジャクソン、モンク、マイルスの順で回して、テーマに戻って終わりという典型的なハードバップ・セッションでした(^^)。
 それにしても、この曲でモンクはテーマとマイルスのソロの時にピアノを弾かないんですね。マイルスが「モンクのピアノの前だと吹きにくいから、俺がトランペットを吹いてるときは演奏しないでくれ」といった、みたいな伝説も残ってますが、実際はどうなんでしょうね。モンクは大御所なので、モンクにバックをつけていただくなんておこがましいと思った、な~んてこともありそうですが(^^)。ちなみに、この日の残りの録音は『Miles Davis and the Modern Jazz Giants』というレコードに収録されているそうですが、残念ながら僕は未聴。

 B面は6月セッションを収録、メンバーはMiles Davis (tp), Sonny Rollins (t.sax), Horace Silver (p), Percy Heath (b), Kenny Clarke (dr)。演奏曲は「Oleo」「Airegin」「But Not For Me」というわけで、すべてロリンズの18番。ロリンズってムッチャクチャに性格が良かったと言われますが、マイルスもそんなロリンズを迎えて「いいよいいよ、ソニーの好きなナンバーやろうよ」な^んて言ったのかも(^^)。
 アップテンポの曲がなくて、みんなマッタリしたミドルテンポなので、よく言えばBGMとして聴くにはすごく心地よかったです。特に、マイルスはオープンでもミュートでもすごく良い音を出していて、調子が悪いとすぐに音をひっくり返してしまうマイルスにしては相当に好調だったのかも。悪く言えば、みんなミドルテンポなので、ロリンズやマイルスの白熱したプレイは聴くことが出来ない、みたいな。まあでも、強烈な個人技を聴かせるビバップの時代と違って、ハードバップのスタジオ・セッションってこういうものが多いですし、これぐらいが普通なのかな?レギュラーバンドではなく一期一会のセッションですしね。。

  『Walkin'』と『Bags' Groove』を聴いて感じるのは、ここで50年代ハードバップの優秀録音のフォーマットが完成したように聴こえる事です。各楽器にマイクを立てて、ベースが大きめ、ドラムはシンバルの厚みまで伝わるほどにオン、そしてセパレートが良く独特のプレートエコーがかかっていること。実際には生ででこんな音で響くわけがないので、これは完全にレコード用の音ですが、この「ジャズ録音」な音場が確立されたのがこのへんのアルバムだったんじゃないかと。以降のハードバップは、56年のロリンズ『サキコロ』にしても、58年のキャノンボール『枯葉』ブレイキー『モーニン』にしても、この音像を踏襲していきます。
 ハードバップのファンの方って、音楽よりもこの録音に魅惑されてる節もあるんじゃないかなあ。だって、僕がそうですし(゚∀゚*)エヘヘ。若い頃の僕は、ほとんどのハードバップのスタジオ録音のレコードで「こんな保守的で、しかも同じもののキンタロー飴で、ろくに練習もアレンジもせずにパッと合わせておしまいみたいなものを、なんでジャズファンはありがたがって聴くんだろう」と思っていたんです。でも、いい音がするオーディオで聴くようになってから、音楽や演奏じゃなくて音に魅了されるようになったという(^^;)。いい音の魅力っていいオーディオで聴かないと分からないんですよね。昔、真空管アンプに馬鹿でかいJBLのスピーカーを持ったジャズ喫茶が流行したのも分かるなあ。


スポンサーサイト



05 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS