FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ルトスワフスキ:弦楽四重奏曲 クロノス・カルテット』

Lutoslawski kronosQ 僕が最初にルトスワフスキの作品を聴いたのはこのCDでした。高校生の時に大ハマりした弦楽四重奏団クロノス・カルテットの新作という事で、作曲家関係なしに飛びつきました。クロノス・カルテットをきっかけに知った作曲家や曲はけっこういて、どれも面白かったのですごくワクワクしてました。ジミヘンやるのは商売っ気丸出しな上に面白くもなんともなくてウンザリでしたけど、そこはアメリカという事で(^^;)。それにしても、アヴァンギャルド専門の弦楽四重奏団がブレイクするって、まだ音楽が真面目に聴かれてた時代だったんですね。

 ところがこれがいまいちピンとこなかった(^^;)。僕が持ってるのは輸入盤なんですが、その解説には「here the composer asks each performer to play his part ad lib as if alone」なんて書いてあります。ライナーには他にも色々と書いてあり、つまりこの作品、プレイヤーがかなり自由に即興したりページを飛ばしたりしていい作品みたいです。なるほど、アレアトリー導入の音楽なんだな…。それでどういう音楽になったかというと、点描的で、なんだかバラバラにグチャグチャ演奏してるフリー・インプロヴィゼーションのような、ぼんやりした音楽になってしまった(^^;)。リズムがストラヴィンスキーなみに強烈で色彩の豊かな「ピアノ協奏曲」や「ノヴァレッチ」と正反対の音楽だったんです。なるほど、これがよく言われるルトスワフスキの「偶然性の対位法」なんだな、きっと。

 これで僕はルトスワフスキに苦手意識を持ってしまい、ピアノ協奏曲に出会うまでルトスワフスキを避けてしまったのでした。ああ、なんてもったいない十数年を送ってしまったんだろう。第1印象ってやっぱり強烈に残ってしまうもんなんですね(^^;)。


スポンサーサイト



05 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS