FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽以外)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

小説『スタンド・バイ・ミー』 スティーヴン・キング 山田順子・訳

Stand By Me_StephenKing 古本屋で見つけた1冊です。映画「スタンド・バイ・ミー」に猛烈に感動した事があるものだから、見つけた途端に「おっ!」と思って、買ってしまいました。あのめちゃくちゃに良い話をホラー小説の大家が書いている点も興味があったんです。映画も、ある死体をめぐるストーリーだったので、原作って本当はホラーだったんじゃないかと思ってね(^^;)。
 「スタンド・バイ・ミー」は、スティーヴン・キングの「恐怖の四季」という春夏秋冬に分かれた四部構成の小説の秋の部分でした。でも、元タイトルは「The Body」となっていたので、この文庫版小説のタイトルは原作ではなくて映画から拾ったんでしょうね(^^;)。僕が買ったこの文庫本は、「恐怖の四季」の秋と冬が収録されていました。

 「スタンド・バイ・ミー」=「秋」=「The Body」。本当にホラー小説じゃなくて、ほぼ映画と同じストーリーでした。そして面白い!!映画との違いは大きく言うとふたつだけで、ひとつは、小説には、映画には出てこない主人公ゴディの書いた物語がいくつか出てくる事。これは、実際にある種の比喩になってるとは思いますが、僕的にはあんまり面白くなかったので、映画でカットしたのは正解だったのではないかと。小説でもカットして良かったような(^^;)。そして、もうひとつの違い、これはけっこう大きな違いで(ここから、ネタバレを書くので、読みたくない方は少し先に飛んでくださいね^^)…最後に銃を撃つのが、主人公ではなくて親友のクリスになっている事。へ~そうなのか!こうすると、ちょっと意味が変わってくると思うんですが…いや、このシーンを、少年たちの少年期の終わりの象徴として書いてるんだとしたら、どちらがやったにしてもそこまで意味は変わらないのかな?ついでに書くと、バーンはのちに焼死し(バーンだからか?)、デディは自動車事故で死にます。クリスの結末は、映画と同じ。ゆく川の流れは絶えずして…ですね。諸行無常。

 「マンハッタンの奇譚クラブ」。ページ数は「The Body」の半分以下でしたが、これも面白かったです!こっちの方がスティーヴン・キングっぽくて、幻想的でした。ある法律事務所に勤める紳士が、その事務所のトップのおじいさんからとある紳士クラブに誘われ、そのクラブに通うようになるというもの。そのクラブは高層ビルのあるフロアで開催されていて、珍しい本があったり、上等な酒を出してくれたり。しかし、ビリヤード台が観た事のないメーカー製であったり、深い質問をすると諭されたりと、少し不思議な空間なのです。そしてこのクラブ、クリスマスになると、クラブ会員の誰かが面白い話を持ち回りで話す事になっています。
 以降、ネタバレを書いてしまいますが…あるクリスマスに話された話は、とある産婦人科医が、父なし子を産む決心をした魅力的な若い女性の話。医師は彼女に大変な関心を抱き、妊娠からお産までをがんばって助けています。いざお産の日になると、ニューヨークはひどい渋滞で、タクシーに乗って駆け付けた彼女はタクシーの中で産気づいてしまいます。そして、病院の前で事故に巻き込まれ、首が飛んで死亡。でも医師は、何とか子供だけは取りあげ、それを見ていた彼女の首は医師に礼を言います。また、主人公の紳士は、この奇譚クラブのある空間自体が、普通でない異次元にあるものなのではないかと確信を抱くようになった…スティーヴン・キングっぽくて、面白いでしょ? ある種ラヴクラフトっぽくて、なかなか魅力的な話でした(^^)。

 映画抜きにしても、あるいはホラー抜きにしても、小説として面白かったです。内容的には、あくまで電車の中などの空いた時間に読んで捨てる本だとは思いますが、読んでいる最中は夢中になってしまう面白さでした。スティーヴン・キング、なかなかやるな。。これで僕は、「恐怖の四季」の春と夏も読むことになったのでした(^^)。


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ルトスワフスキ Lutoslawski:Concerto for Orchestra, Mi-prti, Musique funèbre Yan Pascal Tortelier (cond), BBC Pilharmonic』

Lutoslawski Concerto for Orchestra_YanPascal BBC 最近わが家から発掘されたCDです。僕は昔ルトスワフスキをロシアの作曲家だと思ってまして、ロシアのクラシックの棚にしまっていたんです。ところが途中でポーランドの人だと気づいて東欧の棚に移したんですが、この1枚だけ移動し忘れていた…たぶんこれが真相ではないかと(^^;)。

 「管弦楽のための協奏曲」は1950年代前半に書かれた作品で、ルトスワフスキはこの作品で西ヨーロッパ世界で知られるようになったんだそうです。内容は、ポーランドの民謡をモチーフにした音楽。2次大戦直後で、ドイツにもロシアにもムチャクチャにされた国ですからね、自分たちを守るのに民族主義が台頭するのは必然の流れだったんでしょう。とはいうものの、僕はポーランド民謡というのをほとんど知りませんで、民族音楽のCDもジュネーブ民族博物館リリースのものを1枚聴いた事があるだけ。だから、どこが民謡からの引用でどこがルトスワフスキさんの作品か見分けがつかない(^^;)。響きとしてはそれほど前衛な感じはせず、でも複調っぽい所とかも見えるので、ちょっと新古典が入ったプロコフィエフみたいな感じかな?スターリン統制下のポーランドではソ連と同じく政治で音楽が統制されていて、モダニズムあふれる音楽とかは禁止だったそうなので、こういう作品を書いていたのかも。

 「ミ・パルティ」は1976年の作品で、これは良かった!制作年代としては「ノヴェレッチ」や「交響曲第3番」を書いていた頃。というわけで、ルトスワフスキさんが「偶然性の対位法」も抜け出して、いよいよ自分の音楽言語を見出した時期の作品です。和声の色彩感覚が独特で、なんといえばいいのかな…透明感があって神秘的です。4分音符で音列的な無調の旋律が淡々と繰り返されて、真ん中でオケがグワーンって来て最後に音列に戻るというアーチ構造は、アイヴスの「宵闇のセントラルパーク」やバルトークの弦チェレみたい。

 「Musique funèbre」は1958年の作品。これはさらに良かった!前衛的な作風に走っていた時代ですね。これは「Mi-Parti」以上に神秘的なサウンドで、不穏な音を鳴らす弦の和弦の前で、木管楽器がいくつも折り重なって旋律を奏でます。この木管の演奏、スコアで特殊な指示がされてそうな気がします。「この中から好きなフレーズを選んで吹け」とかね・・・まったく何の根拠もない僕の想像ですけど(^^;)。

 このCD、昔聴いた時は掴みどころがなくてわけがわかりませんでした。1曲ごとに作風が違うから、「何がやりたいんだ?」と混乱したのかも。ところが、最近ルトスワフスキの作曲技法の変遷が少し整理できたからか、それぞれの時代のルトスワフスキの技法を1枚のCDで把握できて面白いCDだなと、感じ方が変わりました。ルトスワフスキは前衛の時代ですら響きが不協和音の嵐にならずに整序されてるので、現代音楽にしては聴きやすい作曲家だと思います(^^)。


05 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS