FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: PC・PCソフト・ゲーム etc. > ゲーム   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

ゲームブック『さまよえる宇宙船』 スティーブ・ジャクソン

Samayoeru Uchuusen ゲームブックを3冊読んで、大当たりは『バルサスの要塞』1冊。『火吹山の魔法使い』はまあまあ良かったけどバルサスには及ばす、『運命の森』は全然ダメ。というわけで、いかにガキだった僕でも、さすがにファンタジーを面白いと思える年齢は過ぎたのかもな、と思ったんです。ところがゲームブックの第4弾はなんとSF!『バルサスの要塞』の面白さが忘れられない僕は、本屋で悩みました。SFならファンタジーじゃないから楽しく読めるかも。それに、今まで読んだゲームブックって、「バルサス」がS.ジャクソン著で大傑作、「火吹山」がS.ジャクソンとリビングストンの共著でまあまあ、「運命の森」がリビングストンで外れ…つまりゲームとかファンタジーどうこうではなく、小説家としてのS.ジャクソンが素晴らしいんじゃないのか?この『さまよえる宇宙船』はS.ジャクソン著だぞ…さんざん悩んだ末に購入したのでした(^^)。

samayoeruUchuusen_pic1.jpg 予想は的中、話が面白かった!思いっきりスタートレックなのです。その中に色々な傑作SF小説のアイデアが織り交ぜてある感じでした。クルーと一緒に宇宙船に乗り込み、簡単な任務をこなすだけだったはずの航海が、ワープ装置が故障、ブラックホールを通過して別次元の宇宙にいってしまいます。というわけで、このゲームの目的は、元の世界に帰る手がかりを探し、地球に戻る事です。ある惑星では人口抑制ロボットが人を殺して人口を調節。ある惑星では不時着した科学レベルの高い人間が、まだ科学の発展していない原住民に神とあがめられている。ある星では、墜落した宇宙船の残骸を発見して調べると、宇宙細菌に感染して乗組員が死んでしまう!そして、地球のある次元に変えるヒントを掴み…ね、面白そうでしょ?話は最高に面白かったんです。

 ゲームとしてのアイデアも素晴らしかったです。この本、自分だけでなく、乗組員と一緒に宇宙を冒険するんです。これで気分が盛り上がりました(^^)。自分は艦長で、ほかに技官、医者、科学班、保安官、警備員などもいます。星に降りる時に誰を連れて行くか、全員の士気が落ちているのをどう盛り立てるか、女性医師と艦長のロマンスがあったりして、宇宙を冒険している気分でワクワクしましたねえ。こういう本って、入りこめるかどうかだと思うんですが、仲間の設定があると一緒に旅しているみたいで、そこが良かったです。ひとりで宇宙探検してもあんまり楽しくないと思うんですよ、やっぱり仲間と冒険したい(^^)。

 ただ、このゲームブックはいい所ばかりじゃありませんでした。僕には難しすぎたのです。しかも、その難しさがちょっと理不尽というか、運任せというか…。右の惑星に行くか左の惑星に行くかの選択で、どちらを選ぶべきかの前情報がない場合、選択は完全に運。そしてこの運が結末を左右する事に…これはゲームじゃないですよね、宝くじです(^^;)。

 というわけで、話は最高、ムードも最高。理不尽な難しささえなければ素晴らしい本だったのに…。とはいえ、自分が読んだゲームブックの中で面白さ第2位の本はこれ。楽しかったです(^^)。


スポンサーサイト



06 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS