FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Spencer Davis Group / The Best Of The Spencer Davis Group Featuring Stevie Winwood』

Spencer Davis Group_The Best Of スペンサー・デイヴィス・グループ初期のベスト盤です。1967年発表で、それまでのオリジナル・アルバムに未収録だったヒット・シングルが収録されている点に惹かれました。僕が自分で買ったスペンサー・デイヴィス・グループのアルバムはこれだけ。

 初期のアニマルズヤードバーズもそうですが、ゴーゴークラブのハコバンが演奏していそうな音楽でカッコイイ!音楽は、演奏やヴォーカルの歌いまわしが思いっきりソウルなものがあったりして、アメリカのブラック・ミュージックからの影響を感じましたが、ブルースはあまりやってなくてR&Bやソウル方面の色がちょっと強かったです。でもアニマルズほど真っ黒じゃなくて、特に作曲部分にオリジナリティを感じました。演奏も、ビートルズストーンズに比べて歌も演奏も圧倒的にうまかったです。

 特に好きなのが、ヒットした「I’m a man」。これ、タイトルでマディ・ウォーターズのカバーだと思っちゃいそうですが、オリジナルです。これがオルガンはギュインギュイン鳴ってるし、コード進行はシャレオツだし、めっちゃカッコよかった!同じことが「Gimme Some Lovin’」にも言えます…ああ~、つまり作曲と煽るようなオルガンの演奏がいいんだな(^^)。ちなみに、オルガンはスティーヴ・ウインウッドです。僕は歌よりオルガンにしびれてしまいました…さすがジミヘンの「Voodoo Chile」で強烈なオルガンを演奏した人だけあります。僕にとってのスティーヴ・ウィンウッドはヴォーカリストじゃなくてオルガニストだなあ。。

 60年代のブリティッシュ・ビートは、古くさいなどの理由で敬遠する人も多いと思いますが、掘り下げていくとかっこいいバンドがけっこういるんですよね。僕はスペンサー・デイヴィス・グループはこのベスト盤しか持ってませんが、初期のアルバムもメッチャかっこいいんですよね。。60年代ブリティッシュ・ビートの隠れた名バンドだと思います!


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『The Spencer Davis Group / Their First LP』

Spencer Davis Group_Their First LP スペンサー・デイヴィス本人より、スティーヴ・ウインウッドが在籍したことで有名な60年代のブリティッシュ・ビート・バンド、スペンサー・デイヴィス・グループのファーストアルバム、1965年発表です。

 R&Bやバンドブルース、ソウルといったブラック・ミュージックの影響を強く感じました。音はスカスカなんですが、リズム感とノリが良いし、これ系のバンドでは演奏はうまいし音楽のツボも押さえていて、すごく良かったです!思いっきりソウルのヴォーカリストのフェイクを物まねしたものもありましたしね。でもそれが成功しきっていない所も逆に良かったです(^^)。
 でもって、意外にもスティーヴ・ウインウッドよりもスペンサー・デイヴィスがヴォーカルをとった曲が多い気がしました…いや、僕が声を聴き分けられてないだけかも。トラフィックやブラインドフェイスで歌っていたスティーヴ・ウインウッドの歌い方や声が出てこないもんで(^^;)。

 このアルバム、僕は学生時代に友人の家で聴かせてもらったきりなのです。で、カッコよかったから、「あ、これは自分で買うからいいよ」と借りずに済ませたんですが、いつしか買わないまま時が過ぎてしまったという(^^;)。だから、当時の記憶だけで感想を書いてるんですが、中学生の時は「ビートルズストーンズより全然カッコいいじゃん」と思ったのを覚えています。あ~今はボーナス9曲入りなんていうCDが出てるのか、これは欲しくなっちゃうな…。


06 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS