FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Lee Konitz with Strings / An Image』

Lee Konitz_An Image これほど素晴らしいジャズ・アルバムはちょっと無い…いや、これをジャズと呼んではいけないのかも。1958年にアルト・サックス奏者のリー・コニッツが発表したウィズ・ストリングス…というか、アンサンブルものといった方がしっくり来るアルバムです。ジャズ側のバンドはサックス、ピアノ、ギター、ベース、ドラムで、これにストリングス(と、たまに他の楽器も)が被さります。ストリングスはバックで和弦を被せるのではなく室内楽程度の小編成(ダブカル?)で、見事なアンサンブルを奏でていました。これが素晴らしかった!

 1曲目「ラウンド・ミッドナイト」からして息を呑むほど。グロッケンとヴァイオリンだけがユニゾンでイントロ、それが終わるとコントラバスのピチカートだけが鳴り響いてリー・コニッツのサックスがテーマメロを演奏、そのテーマをチェロが引きつぎ、Bパートから弦が重なり…アレンジがクラシック・アンサンブルばりの見事さなのです。しかも、音を分厚くせずに最小限で幾つものラインが重なっていくので、まるでポリフォニーのよう。アレンジってこういうものの事を言うんだよな、ジャズというジャンルでこれ以上のアレンジはなかなか聴けないです。
 この素晴らしさは2曲目以降も続き、お世辞ではなくすべてが名曲、名アレンジ、名演でした。バロック期のコンチェルトのような3楽章制の「Music for Alto Saxophone and Strings」などなど、これはエンターテイメントではない芸術音楽といってよいのではないかと。

 スコア・リーディングやアドリブの対応能力といったリー・コニッツのミュージシャンとしてのレベルの高さや、そのサブトーンがストリングスとの親和性が高かったこともあるでしょうが、このアルバムの本当の主役はすべてのアレンジと、このジャズと近代クラシックを融合したアルバムに見合った曲を幾つも書き上げたビル・ラッソだと思いました。ラッソとリー・コニッツはスタン・ケントン楽団で一緒で、どちらもレニー・トリスターノからレッスンを受け、バッハのインベンションやベルクドビュッシーを一緒に演奏していたそうです。ジャズが世界に知られるようになった20世紀初頭って、ラヴェルストラヴィンスキーが現役で素晴らしい作品を書いていた頃なんですよね。
 サーカスのショーバンド程度に過ぎなかったジャズが、優れた音楽能力を持ったビッグバンドを生むところまで進化した先で、クラシックの卓越した書法と接触するのは時間の問題だったんでしょう。最初にそこまで行き着いたのがウディ・ハーマン楽団やリー・コニッツ、ジミー・ジュフリーといったレベルの高いミュージシャンたちだったのでしょう。これが主流にならなかったのはいくつか理由があったのでしょうが、そのひとつは音楽がつまらなかったからではなく、ジャズと近代クラシックを融合した音楽を書き、演奏できるレベルにあるミュージシャンが多くなかった事にあるんじゃないかと。驚異のサード・ストリーム・ミュージック、今は忘れられかけたアルバムかも知れませんが、これはベートーヴェンの悲愴ソナタやバルトークの弦楽四重奏曲第4番のように、ずっと聴き継がれるに値する大傑作じゃないでしょうか。


スポンサーサイト



08 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS