FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『九代目竹本綱太夫 / 人間国宝 義太夫 竹本綱太夫』

TakemotoTunadayuu9_ningenkokuhou gidayuu 義太夫節の人間国宝、八代目竹本綱太夫につづいて、九代目です!三味線伴奏の語り物が浄瑠璃、それを人形芝居に用いると人形浄瑠璃、そして人形浄瑠璃を代表する座と言えば文楽ですが、九世竹本綱太夫は人形浄瑠璃文楽の太夫として人間国宝に認定されたんだそうで。
 このCDは、三味線の鶴澤浩二郎とのコンビによる素浄瑠璃。「木下蔭狭間合戦」(きのしたかげはざまがっせん)という太閤記物の演目の九段目(五段ものに換算すると四段目の切りに相当)「壬生村の段」(みぶむらのだん)が収録されていました。この演目は廃曲同然の状態だったものを、2005年に九代目が2公演でだけ素浄瑠璃で演じたことで伝承される事になったんだそうで。それがこの録音だそうです。

 ストーリーはこんな感じ。壬生村の治左衛門は、泥棒をした息子・友市のために苦労を重ねて暮らしています。借金返済のために娘を遊郭に売ろうとしたところで、11年ぶりに友市が帰ってきて、金を払って妹を救います。なんで友市がそんな大金を持っているかというと、友市こそ天下の大泥棒・石川五右衛門だったのでした。驚いた治左衛門は五右衛門を諌めようとしますが、もみ合ううちに誤って娘を殺してしまいます。そして、自分の出生の秘密を知った五右衛門は…

 謡い出しが、ホーミーのように低音を口の中で共鳴させる歌い方で驚きました!こういうのって浪曲の広沢虎造がやっているのを聴いたことがありましたが、義太夫節でも使うんですね。それにしても、今回聴いてみた義太夫節の太夫の謡いまわしは三者三様、伝統芸能なのである型を忠実に踏襲するのかと思ってましたが、プレイヤーの個性がけっこう前面に出るんですね。
 ただ、三味線は音がちょっと乾いていて、僕的にはイマイチだったかな?これは鶴澤浩二郎さんがどうこうではなくて、太棹でも細棹でも三味線はこういう音になりがちで、音色がどうやっても琵琶には勝てないんだな、みたいに思っちゃいます。琵琶は江戸幕府が盲人のために演者の制限を加えたから、町人には演奏が許されなかった、みたいな事情があるのかも。それとも、小さな座の中で人を集めてやるので、楽器の完成度よりも携帯性が優先されたとか、あるのかも。

 浄瑠璃や小唄端唄といった日本の「伝統芸能」って、古くさく堅苦しく退屈な気がして、食わず嫌いで最初は敬遠していました。でも、いざ聴き始めるとめっちゃくちゃ面白い。だってもともと大衆の娯楽、一大エンターテイメントですから!この演目だって、あらすじを見るだけでもめっちゃくちゃ面白くありませんか?しかも、これに音楽がついて、太夫の語りが見事で、実際に聞くとあっという間に引き込まれました。語りなんて、音楽的な節がついている所と、落語のようにひとり何役も演じるセリフ語りのところなどのメリハリが素晴らしかったです。ここ一番で三味線が「ハッ!」な~んて掛け声をかけたりしてね(^^)。
 いや~浄瑠璃はたま~に思い出したように昔買ったCDを引っ張り出して聴くと、面白すぎて何枚も続けて聴いちゃいます。実に中毒性の高いジャンルだ (^^)。。


スポンサーサイト



Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『八代目竹本綱太夫 / 人間国宝 義太夫 竹本綱太夫』

TakemotoTunadayuu8_ningenkokuhou gidayuu ひとつ前の日記で感想を書いた義太夫節の豊竹山城少掾の門弟となったのち、最終的には八代目を襲名するまでになった竹本綱太夫(たけもとつなだゆう)の録音です。八代も人間国宝だそうです。
 演目は「一谷嫩軍記」(いちのたにふたばぐんき)という五段ものの中の三段目「脇ケ浜宝引の段」(わきがはまほうびきのだん)の中の一部。三味線は十世竹澤彌七(たけざわやしち)でした。なんでも、八代目竹本綱太夫さんと十世竹澤彌七さんは名コンビとして知られていたんだそうです。

 「一谷嫩軍記」は、平家物語によく出てくる熊谷次郎直実と平敦盛、そして岡部六弥太と平忠度のふたつの物語を題材にした演目。ああ~熊谷次郎直実と敦盛の話は、薩摩琵琶の演目で聴いたことがあるからちょっと知ってます。敦盛は平家の幼帝で、これを源氏の武将である熊谷が討つんですが、熊谷が心ある武将で、必死に逃れる子供の敦盛を哀れと感じるんですが、しかし最後は涙ながらにその首を切るんですよね…。で、この「脇ケ浜宝引の段」は敦盛逃亡中の話で、敦盛の母をかばおうとした百姓たちがあやまって追っ手を殺してしまい、だれが弁解に行くかをくじで決めるという、みたいなシーンでした。

 おお、これは師匠の豊竹山城少掾とは全然違う、まるで落語みたいな語り方だ!豊竹山城少掾の「蘆屋道満大内鑑」は常に語りに節がついていて、語りとはいえもうこれは立派な歌じゃないかと思ったほどでしたが、八代目竹本綱太夫の「一谷嫩軍記」は完全に落語調。節回しだけでなく、「敦盛ちゃん」と言ったりして(^^)。これは演目自体がそうなのか、それとも太夫の個性なのか…。
 三味線も太夫の語り口に合わせているのか、粋でいなせでテクニカルなんてものの正反対で、かすれた音で無骨に「ズドン!」みたいに演奏してました。いや~これも演目に合わせているのか、それとも十世竹澤彌七さんがそういうプレイヤーなのか、浄瑠璃に疎い僕には分かりませんでしたが、それにしても音楽って個性が出るもんだなあと思いました。

 考えてみれば浄瑠璃は、素浄瑠璃だろうが歌舞伎や人形浄瑠璃で使われようが、見世物小屋に人を集めて楽しませる大衆演芸だった事には変わらないので、こういう面白おかしい演目や太夫がいたって不思議じゃないですよね。少なくとも元々は伝統を守る事が目的じゃなくて、人を楽しませて大当たりを出すのを目指してたんだろうし。それにしても、題材は平家物語でもかなりの悲しい物語を扱ってるのに、こんな落語に近い形でやっちゃうなんて、ちょっと驚かされました。でもこれは勢いだけで押す林家こん平の落語に通じるものを感じて、僕にはちょっと合わなかったかも(^^;)。。


08 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS