FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『フォーレ:ピアノ四重奏曲 第1番、第2番 マルグリット・ロン(p)、パスキエ弦楽三重奏団 etc.』

Faure_Piano4jyuusou1-2_Marguerite Long フォーレのピアノ四重奏曲をコンプリートしたCDで、ピアノはマルグリット・ロン。伝説のフランス人女流ピアニストで、フォーレ、ラヴェルドビュッシーという人の曲を演奏し、色々な曲の初演ピアニストとしても名前を残しています。はじめてこのCDを見つけた時は、フォーレではなくマルグリット・ロンさん目当てで買ったのでした。だって、よもや録音が残ってるなんて思ってなかったもので。ピアノ四重奏曲第1番がパスキエ弦楽三重奏団との演奏で1956年録音、第2番がジャック・ティボー(vn)、モーリス・ヴィユー(vla)、ピエール・フルニエ(vcl) との演奏で1940年録音。

 まず最初に驚いたのは、録音の素晴らしさ。古いので、SP盤から起こした音源らしいんですが、モノラルなのに素晴らしいバランスと立体感!なんでモノなのに立体的に聴こえるんだろう、すごい。ただ、曲の最後が余韻が残っているうちにバチンと切れるのがちょっと残念でしたけどね(゚ω゚*)。
 そして、演奏がうまい!ピアノも絶品、弦もどちらも素晴らしいじゃありませんか!古いものって、スポーツでもなんでも、「昔はこんなんで通用したのか」みたいに思ったりしませんか?昔のバレーボールや野球のビデオを見て、「こんなフォームでやってたのか、技術がまだまだ進化してなかったんだな」みたいに思ったり。ところが、クラシックの演奏家って古い録音でも素晴らしいものが多くて驚きます。ロン女史とパスキエ弦楽三重奏団の演奏なんて、こんな表現力豊かなうえにパーフェクトな演奏をしていたのかと驚いてしまいました。時代的に、編集はほとんどできないと思うんですが、それでこのレベルは神業じゃないでしょうか。

 ただ、曲がちょっと優雅なロマン派みたいで、僕にはしっくりきませんでした。ピアノ四重奏曲第1番の完成は1879年、2番は86年という事で、1906年完成のピアノ五重奏曲よりも20年以上も前の作品。86年だとまだフランクの弦楽四重奏曲もプシュケも出来てなかっただろうから、まだフランスはドイツ音楽の後塵を拝していて、まだ自分たちの文化的な気質を音楽に反映しきれていなかった時代と感じました。フォーレやフランクって大好きな作曲家なんですが、活動晩年に来ないとまだ後期ロマン派のエピゴーネンという感じから抜けきらないんですよね(^^;)。

 というわけで、僕的には戦前のクラシックの録音技術の凄さ、そして演奏家の演奏技術や表現御見事さに度胆を抜かれたCDでした。ヨーロッパのクラシック音楽は、20世紀初頭には技術も完成して洗練を極めていたという事なんじゃないかと。


スポンサーサイト



09 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS