FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Foghat / Rock and Roll Outlaws』

Foghat_Rock and Roll Outlaws 『Energized』と同じ1974年発表、フォガット4枚目のアルバムです!フォガットといえば『Fool for the City』と『Live』が名盤として伝えられてるだけで、あとのアルバムはほぼ聴かれない…というのが日本での相場になってる観がありますが、実はこの『ロック・アンド・ロール・アウトローズ』と76年の『Night Shift』がガチ。このアルバムは、僕は聴いてすぐに「いい!」と感じたわけではなかったんdねすが、引っかかるものがあって何回も聴いてるうちに虜になってしまったスルメなアルバムでした。ブギのリズムの強烈さではたしかにこれが最高傑作かも。

 サヴォイ・ブラウンやブラックキャット・ボーンズというイギリスの名ブルースバンド出身のメンバーで作られたフォガットなので、メンバーのプロフィール的に思いっきりブルースロックになるかと思いきや、そうなりません。このバンドの音楽は3つの要素から出来ていて、ひとつはロック、ひとつはポップス、もうひとつはブルース。この3つのバランスが、アルバムごとにあっち行ったりこっち行ったりするんです。そして、ふたつ目のポップスな要素がこのバンドの面白さのひとつと同時に弱点にもなりかねない諸刃の剣で、いい意味でいうとスリーコードでペンタトニックなブルースバンドと違って、転調もすれば展開も出来て、これが単純なブルース系のロックから脱却する要素になってると感じます。一方でこのポップさが実力派バンドのフォガットをショーバンドのように感じる要因にもなってるという(^^;)。硬派なブルースロック信者からは、サヴォイ・ブラウンをやめて売りに走ったように見えてしまうかも知れないという怖さがあるところ。
 そんな危ういバランスの上に成立してるバンドですが、このアルバムはショー的な要素が少なく、女性コーラスやホーンの参加もなし。バンドのプレイだけでの真っ向勝負!曲もポップな曲はなくブギーにブルースにロック、曲を展開させまくったり演奏勝負でギターソロを大フューチャーしたりしているうちに6分超えになる曲が3曲と、実にガチです(^^)。フォガットのファンの間では、「これがフォガットのベスト・アルバムだ!」という人も結構いるみたいですが、『Night Shift』はちょっとハードロック過ぎてフォガットらしくない所もあるので、ガチ勝負のアルバムでこっちがベストという気持ちは分かる気がします。たしかにカッコいい。。
 若いころに僕がよく分からないと思ったのは、たぶん長い曲なんでしょうね。間奏で展開して最後に転調して最後にテーマに戻ってきてラスト・コーラスに入る1曲目「Eight Days on the Road」なんかは、アホな中学生には難しすぎた(^^;)、でも分かってくるとたまらなく感じるのは当然です。同じ事が最後の「Chateau Lafitte '59 Boogie」にも言えて、最初に聴いた時は明確なメロディラインも感じられないただのロックで長いジャム・セッションみたいに感じていたものが、聴いているうちに、イントロと間奏のスライドギターのカッコよさに気づいてぶっ飛び、間奏中で転調が繰り返され、曲の要所要所でズバズバとトゥッティが決まり…などなど、曲の構成とバンドのうまさに感激!

 そんなわけで、これはバンドが売る事を度外視して自分たちのやりたい事を本気でぶつけてきた唯一のアルバムなんじゃないか…そんな気がします。とくに「Chateau Lafitte '59 Boogie」は必聴!!


スポンサーサイト



09 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS