FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Quincy Jones / Smackwater Jack』

QuincyJones_SmackwaterJack.jpg ジャズ、クロスオーヴァー、ディスコと、アメリカの商業的な黒人音楽なら何でもござれなクインシー・ジョーンズが1971年に発表したアルバムです。レーベルはA&M…今ならクインシーとA&Mというキーワードで「大体こんな感じの音楽だろうな」と予想がつく程度にはレコード道に年季が入ってきた僕ですが(^^;)、このレコードを買った当時は、クインシーに対して「モダンジャズのビッグバンドアレンジャー」という知識しかなかったんです。だからギル・エヴァンスあたりの先鋭的なビッグバンド・ジャズをやっていると思い込んでました。でも中古盤で安く売っていたこのレコードを買って聴いてみると、思いっきりクロスオーヴァーだった(^^;)。予想とまったく違ったわけですが、でもそれがいい方に出たのでした(^^)。

 買う前に気づかない僕も僕なんですが、アルバムの中にマーヴィン・ゲイの「What's Goin' On」が収録されている時点で、クロスオーヴァーだと予想できた筈なんですよね。それにしても信じられないほどいい音がする録音!他にも、奇麗なブラス・アンサンブル、エレピやフルートやヴィブラフォンやハーモニカ(トゥーツ・シールマン!)の気持ちよさ…こういうものに浸っているうちに、すっかりクロスオーヴァーな洒落たサウンドの虜になりました。クロスオーヴァーは今でもにそこまで好物じゃないんですが、このアルバムは別。メッチャ好きです(^^)。

 もうひとつ嬉しい出来事が。昭和30~40年代生まれの方ならご存じ、ゴシップニュース番組「ウィークエンダー」のテーマとして有名な「テッテレッ、テレッテー」が入っていたのでした!あのテーマ、クインシーさんがアメリカのTV刑事ドラマ『鬼警部アイアンサイド』のテーマ曲として書いたものだったのです。あの音楽は番組用に作られたものだと思い込んでいたんですが、クインシーさんが書いた曲だったのかと知ってビックリ。それにしても、これもあまりの音の良さに完全に魅了されました。実は、「アイアンサイドのテーマ」は、このアルバム収録のものも神ですが、番組サントラは更にその上を行くカッコよさ。でも今となってはサントラ音源の方を手に入れるのは大変じゃないかと。

 何度聴いてもこのレコードは音が良くってビビります。さすがはレコーディング・エンジニアが見本にするCDだけの事はあるんだな、みたいな。クロスオーヴァーがそれほど好きでない僕ですら「ああ~これはいいなあ」と思ってしまう必殺の一枚、推薦です!


スポンサーサイト



09 2020 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS